引越しの梱包材って必要だけど、わざわざ買うのはもったいないと思いませんか?引越し用の四角いダンボールに全てのモノはうまくは収まりません。そこで必要な梱包材、皆さんはどのようなものを利用していますか?アイディア次第で便利に使えるものご紹介します。

引っ越し準備にあると便利な梱包材の代用アイディア

 

引っ越しの梱包材は意外と高価!

 
引っ越しの梱包材といえば、荷造りに必要なダンボールやエアーキャップと呼ばれる俗に言うプチプチ、ガムテープなどのことを言います。

 
これらの商品は、引っ越し途中での荷物の持ち運びや搬送などのダメージから守るためにも必要なものですが、その費用は意外と高価なのです。

 
ダンボールは引っ越しのサカイなどによっては“無料で〇〇個おつけします“なんて言う広告を見かけますよね。

 
ホームセンターなどに行くとダンボールは1つ2−300円ぐらいもするというのをご存知でしょうか?

 
エアーキャップも意外と高価なもので、100円ショップなどでも購入可能ですが、引っ越しなどの場合にはたくさん必要になるので、オンラインで10m一巻きなどで購入する方が意外とお得です。

 

引っ越しの梱包材を節約する方法

 
引っ越しの梱包材を節約する方法

 
引っ越しの梱包材は所詮、一時的に必要なものですし、引っ越し後は処分しないといけないため、できるだけ安く済ませたいですよね。

 
そんな時には、自分で段ボールを調達してみましょう。職場やスーパー、ドラッグストアなどで調達したダンボールがあれば、引っ越し料金の見積もりの値段交渉ができると場合もあるようですよ。

 
引っ越し業者からの古いダンボールを持っていると言う場合にも再利用する事で引越料金が抑えられる可能性もあります。

 
他にも中古のダンボールを売っているサイトもあるので、一人暮らし場合なら箱に詰めて引っ越し業者を使わずに引っ越す選択肢もあります。

 
ただしサイズがバラバラだと、持ち運びや業者の方の手間などを考える必要もあるため注意が必要です。引っ越し業者が、タンスやクローゼットの衣類などはハンガーボックスのようなボックスタイプのケースを貸し出してくれることもあります。

 
引っ越しの料金プランによっては、無料での貸し出しもしてくれますので、聞いてみるといいですね。

 

引っ越しの梱包材はこれで代用する!

 
引っ越しの梱包材で意外と高価なのが緩衝材です。エアーキャップなども食器を包んだり、割れ物の梱包には必要ですが、100円ショップのものですと必要量を考えるとかなりの数が必要になるので、一巻き単位で買うのがお得です。

 
他にも古新聞や衣類などを緩衝材として代用する方法もあります。

 
食器を詰めるのに新聞を緩衝材として使うには、まずはダンボールの底に新聞紙を入れ、新聞紙で巻いた食器を並べ入れます。

 
その際、新聞紙を巻いた食器と食器の間にも、エアーキャップやダンボールの片側を外したものなどを入れると緩衝材として役に立ちます。

 
また、洋服やタオルなどで食器などを包んでしまうのも一つの有用なアイディアです。洋服やタオルなどですと、わざわざ買う必要もなく経済的で、続けて使うこともできますよね。

 
筆者も10年で7回の引越しをしましたが、バスタオルと食器の組み合わせはクッションにもなって、破損などもないです。

 
他にも新聞紙がわりに紙袋を使うのもクッションになってくれるので、おすすめできる代用アイディアの一つです。

 
引っ越しは色々と物入りですから、出費を抑えるためにも代用品を使うアイディアを利用したいものです。引っ越しの予定のある方は、試してみてください!