掃除機のかけ方のコツを知っておけば、部屋の掃除が本当に楽で便利になります。ホコリが取れているのか確認しづらいカーペットや、フローリングや畳も効率よく掃除出来るし、『時短』に繋がるのが魅力。時短に繋がる効率のいいお掃除のコツ掴んでみて下さい。

時短に繋がる掃除機のかけ方のコツ

掃除機のかけ方のコツ『前準備』が重要

 
掃除機のかけ方にコツがあっても、前準備が出来ていないとキレイに掃除が出来ません。

 
また、これらが出来ていないと、時短に繋がらない可能性が高いです。基本的な事かもしれませんが、念のためチェックをしておきましょう。チェックポイントはこちら。

 
・掃除機のフィルターをクリーニングして、吸引力をアップ・排気クリーンにしておく。

・掃除機のヘッドブラシに絡まっているホコリや髪の毛・糸くずなどを取り除いておく。

・床より高いところの掃除は済ませておく。

・床の余計なものを片付けてから掃除機をかける。

・換気は1か所だけじゃなく、空気の流れ道を作るため直線上に2か所でする。

 

掃除機のかけ方のコツ『フローリング』

 
掃除機のかけ方のコツ『フローリング』

 
フローリングは傷つきやすく、賃貸などに入居中の方は掃除の仕方を間違えると、退去時のハウスクリーニングなどでも高額となる恐れもあります。

 
普段の掃除機のかけ方ひとつで、その傷も多少は軽減されますので、コツを掴んで掃除をして下さい。

 
まずは、フローリングに掃除機をかける時の『力の入れ具合』がポイントです。腰を曲げ、体全体で押しながら掃除機を掛けるのはご法度。

 
真っすぐに立ち、掃除機は持ち手の部分を軽く握って前後に動かす。掃除機の吸引力がわずかに出来る『隙間の力』を借りてUPします。

 
フローリング材の溝と同方向に動かします。一ヵ所に3~4回往復させます。

 
部屋の隅や角は、ブラシノズルを使ってゆっくり1~2往復しましょう。ホコリの溜まりやすいTV台の下、ベッド下、家具の後ろやベランダの出入り口付近などは、重点的に行います。

 

掃除機のかけ方のコツ『畳』

 
掃除機のかけ方のコツ『畳』

 
基本的に掃除機のかけ方はフローリングと同じですが、畳にはイグサの溝・畳みと畳の間・部屋の角・畳寄せ(畳の縁)と畳の間など、細かいホコリが溜まる場所が無数にある事が問題です。

 
畳の目に沿って掃除機を掛けないと、畳の傷むスピードが上がります。注意しましょう。

 
一ヵ所に5~6回ゆっくり往復させます。畳と畳の間や、畳寄せと畳の間はブラシノズルで丁寧に吸い取りましょう。

 
しかし、そこまでを毎日行うのは大変ですよね?週に1~2回は、気にかけて掃除してあげると、ダニやカビの発生もだいぶ抑えられるでしょう。

 

掃除機のかけ方のコツ『カーペット』

 
皆さん、一番の難所カーペットですよ。カーペットは、毎日人が歩く場所ほど起毛部分がつぶれています。その下にもホコリやダニが入り込んでいます。

 
カーペットに掃除機を掛ける時のコツは、フローリングや畳とは少し違います。

 
少し持ち手に力を加えながら毛の向きを見て、倒れている毛を起こすように動かしていきます。掃除機を往復させた方向と垂直方向にも、同じように掃除機を掛けます。

 
また、毛足の短いカーペットなら『重曹』を使用するのもおすすめです。

 
前の晩のうちにカーペットに重曹の粉をまいて軽く撫でておきます。朝一番で掃除機を丁寧に掛けます。重曹が残らないように注意して下さい。湿気の多い日は避けましょう。

 

掃除機のかけ方のコツ『部分アイテム』のメンテナンス

 
掃除機のかけ方のコツ『部分アイテム』のメンテナンス

 
効率よく掃除機を掛けてスッキリさせたい時には、掃除機だけじゃないアイテムに頼る事もアリです。

 
コツを覚えてやってるけど、なんかスッキリしてない…。そんな時は、ヘッドブラシの寿命もあるのかもしれません。

 
毎日掃除機を掛けるお宅では、ヘッドブラシがすでに潰れて毛足のない、ただの化成繊維の塊のようになっていたりします。ちょっと後で確認してみて下さいね。

 
ヘッドブラシを交換するだけで、吸い取りやスッキリ感が変わる事はあります。

 
ヘッドブラシ交換するなら、新しい掃除機買った方がいい!という意見も賛成です。

 
今の掃除機は進化していますからね。叩き機能も標準装備ですし、ヘッドブラシの毛束感がリッチです。

 
古い掃除機を下取りにして、買い替えも検討してもいいかもしれません。

 

掃除機のかけ方のコツを知って、『時短』に繋げよう!

 
掃除機のかけ方のコツが分かって、スマートなお掃除生活が始まれば、『取れない~』『吸い込まない~』『また同じところにごっそり』なんてことも激減して、掃除機掛けの頻度減少・時短もできるようになります。

 
ちょっとの時間かもしれませんが、結構大きい時間です。少しでも自分を楽にする為のコツですから、実践してみて下さいね♪