『保活』をいつから始めたらいいか分からずに悩んでいませんか?妊婦ワーママ、育休中、子育て中、保育園入園と同時期に仕事を開始したい。そんなママ達にチェックして欲しい、良い保活タイミングを掴むための『保活の始め方』をまとめてみました。

 

【ママ必見】いつから?タイミングのいい保活のススメ

 

 

保活って何?いつから始めるもの?

 

保活は「保育園活動」の略。お仕事をしながら子育てをしたい、またお仕事をしたのに子供が預けられないママ達が、待機児童の多い地域で我が子を保育園(保育所)に入れる為の準備活動の事を指します。

 

いつから保活を開始すれば良いのかは、色々な条件下で変化があります。仕事を持っていればいつから復帰するのか、何歳児クラスから入園させたいのかによっても異なります。

 

入園までの期間を逆算し、スケジュールを見ながら、なるべく早い時期に保活を始めた方が良いでしょう。

 

保活とは

 

保活は、保育園選びから自治体の情報収集や書類の確認、施設見学などと結構忙しく動き回る事も多いので、妊娠中の方は一人で動ける時期に保活を進めるのもおすすめです。

 

産まれてから、育児に追われる状況の中での保活は大変になります。

 

 

保活の活動内容

情報収集

まずは自治体の役所へ出向いて、パンフレットや資料をもらいましょう。先輩ママなどの体験談やネットの口コミだけを情報ルートにするのは良くありません。年度や自治体においても条件などに変化があります。

 

保活の活動内容とは

 

 

中には認可保育園の他にも、認可外を案内している自治体もありますし、加えて親切に施設の所在地マップなどを付けている自治体もあります。自宅からも勤務先からも近い場所を探すのに便利です。

 

書類や書き方などの不明点もしっかり教えてもらえますので、不安な事はたくさん質問して保活を進めましょう。

 

 

見学・下見

希望する保育園をいくつかピックアップしておきましょう。待機児童が多い地域では、希望がかなわない場合も多く見受けられますから、多めに認可外も含めて候補に挙げる事も対策の一つとなります。

 

希望する保育園があれば、実際の通園時間に出発して、ルートや時間、距離などもチェックすることがポイントです。園から勤務先までも見ておきましょう。

 

園の見学も可能であれば、先生や園児の様子、送迎時の駐車場の確認、周辺地域の雰囲気なども知る事が出来て安心です。

 

 

申し込み

入園の申し込み時期についても、入園させる時期の子供の月齢や年齢を確認しておきましょう。希望する園は何歳児から、預かる事が可能なのかも確認しておきます。

 

無認可保育園などでは、該当する月齢なのにも関わらず、生まれた月数順で入園が決まるなんていう所もあります。

 

要するに早生まれの子は、自分より早く生まれた子の人数が多いと入園出来ないなんてことも。園ごとの入所児の決め方などもチェックしておくと良いでしょう。

 

申し込み時には、家族の就労状況や入園申請書、勤務証明書といった書類が必要になります。早めに準備をして記入漏れがないかをしっかり確認しましょう。

 

 

保活が早いと保育園に入れる?

 

保活を一生懸命頑張っても、入園出来なかった。この声の多さに日本では、国を挙げた待機児童ゼロの働きがなされている最中です。

 

認可保育園の選考方法は、保育の必要性があるかどうかを点数で加点・減点しながら決めていくのが定番化しています。

 

両親はフルタイムで働いているか、勤続年数はどれくらいか、同居家族はいるか、などの項目をクリアしても尚、入園出来ないといった声もあります。

 

待機児童問題を抱える地域の保活は、『入園に少しでも近づける為の、1つの努力過程』としか、今の日本では言えないのも現実です。

 

 

早めの保活で、未来の希望を描こう

 

地域によって大きな差を持つ保活。諦めずにコツコツがポイントです。保活で安心して子供を園に託し、ママが元気に働ける社会が当たり前になって欲しい!みなさんが希望の園に入れるように願っています。