引っ越しする時の調味料は、使いかけの液体や要冷蔵のものまで様々。引っ越しで他の荷物が汚れたりする事を考慮して、業者からも調味料を預かる事を断られることもあるようです。では、どのように調味料を梱包し荷作りすれば安心して運べるのかご紹介しましょう。

 

【引越し】使いきれなかった調味料は捨てる?持っていく?

 

引っ越し時の調味料は最小限に

 

引っ越しが決まってからは、なるべく調味料を上手に使い切るようにした方が良いでしょう。

 

引っ越しで運ぶ時期によっては、常温での保管が可能なものもすぐ傷んでしまうものも多いからです。

 

しかしながら醤油や油など使用頻度が高いものなどは、引っ越し前に無くなって追加で買い足す必要が出てくることも…。なかなか調味料を減らすって難しいです。

 

 

使い切れない調味料は?

 

きれいに使い切る事も難しい調味料。引っ越し当日までにどうするか選択しなければいけません。

 

・新居に持っていく

・処分して新居で買い揃える

 

その選択基準は、季節や残量・保存方法などで決めるとスムーズです。

 

 

調味料の安心な『移動手段と注意点』

 

・熱に弱く傷みやすいもの

 

バター・マーガリン・マヨネーズ・ケチャップ、ソース、ドレッシング等々、普段冷蔵庫の中で保管する調味料。残量によっては処分も検討した方が良さそうです。

 

また、新居へ持っていく際には面倒でも1つずつビニールに入れ、保冷剤を入れたクーラーボックスへ入れる事をおすすめします。万が一「溶け出した」「キャップが外れていた」という事が起きても被害が拡大しません。

 

砂糖やカレールーなどは季節をみて判断するようになります。猛暑が続く季節はクーアーボックスが安心ですね。

 

調味料の安心な『移動手段と注意点』

 

・常温OKで傷みにくいもの

 

油や醤油、酒、味噌、塩(砂糖)、こしょうなどのスパイス関係などは、特別な心配はいりません。普通に移動しても大丈夫です。

 

しかし、「にんにく醤油」「だし醤油」などは、本来常温で長期保存が可能なものに他の物が混ざっていますので、傷みやすくなる可能性があります。注意しましょう。

 

 

調味料の安心な『梱包方法』

 

傷みやすいものはクーラーボックスへ。傷みにくいものはダンボールにまとめて梱包しますが、この時の注意点は「転倒」と「液漏れ」です。

 

ダンボールを使用する際は強度の強いものを選ぶようにします。箱の側面に取っ手が付いているようなしっかりしたものが理想です。

 

1つずつをビニールで梱包して液漏れを予防します。また、転倒を防ぐために新聞紙などで隙間をしっかり塞ぐ必要があります。

 

暑い季節には容器が膨張して、キャップをしていても内容物が液漏れする可能性も。

 

用心を重ねるなら、キャップの回りに少し緩めにキッチンペーパーをたたんだものを輪ゴムで留めておくのもおすすめします。スパイス系の小物はビニールにひとまとめにして入れます。

 

ダンボールの中身が分かるように、梱包が終わったら大きく分かりやすい表示をしましょう。「われもの注意」「取扱注意」「天地無用」などのシールで注意を促すことも良い手段です。

 

 

引っ越し業者は調味料が苦手?

 

引っ越し業者は『引っ越しの専門家』ですから、苦手なものなは無いはず!それでも、引っ越しの際の調味料に気を遣うのには理由があります。

 

・液漏れが他の荷物に浸透して汚れてしまう可能性

・液漏れに気が付かずに新居を汚してしまう可能性

・相乗り引っ越しで他人の荷物にも影響する可能性

 

などなど。どうしても調味料を運びたい場合は、別途料金がかかる場合があります。

 

一度業者に話をして見積もりしてもらうのもいいでしょう。お互いが気持ちのいい引っ越しが出来るように、しっかり確認してくださいね。