タバコのヤニがひどい壁紙は「ニオイ」や「変色」が原因となり、部屋をいくら掃除してもスッキリしないんですよね。また、煙が天井付近に一番溜りやすくなるので、掃除も一苦労です。賃貸では退去費用の問題にもなるので定期的な掃除として行いたいものです。

 

壁紙についたタバコのヤニ!キレイな落とし方と注意点

 

壁紙のタバコのヤニ掃除の基本

 

壁紙のタバコのヤニ掃除は、基本的に水拭きでも効果が無い訳ではありません。しかし、落としきれない深い汚れがあると壁紙に染み込んでしまい、さらに落ちにくい汚れへと変化してしまいます。

 

その為、壁紙のタバコのヤニ掃除は『一気に行う』のが理想です。

 

特に天井のヤニは、洗剤などを吹き付けると液垂れしてしまったりして、他の家具を汚してしまう事もあります。

 

ヤニで汚れた壁紙をキレイにするのは、なかなか大変なお掃除なんです。

 

 

壁紙のタバコのヤニ掃除の用意

 

 

≪用意するもの≫

 

・クロス用スプレー洗剤 1本

⇒アルカリ性洗剤や、重曹・セスキ炭酸ソーダ・

オレンジオイル配合品なども有効。

 

・雑巾

⇒出来るだけたくさんある方が、作業がスムーズ

 

・お湯

 

⇒何度も取り替える事になります。

綺麗なお湯をすぐ替えられる体制を。

 

壁紙のタバコのヤニを落とす方法

 

・脚立

⇒高い所(天井や壁の上)は、ないと不便です

 

・新聞紙

⇒天井掃除にあった方が安心です

 

・ゴム手袋

⇒強力な洗剤でなくても手は荒れます!

※頑固な汚れの箇所があるなら、メラミンスポンジもあると便利です。

 

 

壁紙のタバコのヤニ掃除の手順

 

基本的に壁紙についたタバコのヤニは、高い所から着手します。

 

≪準備≫

・天井・壁際の下に新聞紙を敷いて養生
・雑巾を半数ずつ「固絞り」と「ドライ」に
・クロス用スプレー洗剤の噴射口を確認
・脚立にぐらつきや組立不備がないか確認
・換気をする

 

≪手順≫

1.汚れにクロス用スプレー洗剤を吹き付ける
2.汚れが浮いたら絞った雑巾で拭き取る
3.もう一枚の絞った雑巾で2度拭き
4.最後に乾いた雑巾で仕上げ拭き

タバコのヤニ掃除の注意点

 

壁紙についたタバコのヤニは、最低でも『2度拭き』が基本です。3度拭きをしても汚れが取れる場合がほとんどですので、1度で終了という概念は捨てましょう。

 

タバコのヤニ掃除の注意点

 

雑巾は1度汚れを拭いた面で2度拭き・3度拭きは出来ません。クロスが白い場合は尚更、汚れが広がります。こういった事からも、雑巾はたっぷり用意して作業に取り掛かりましょう。

 

お湯は熱めのものを使用する事が望ましいです。スチームクリーナーがあるのでしたら、是非利用したいアイテムです。ヤニを浮かび上がらせる事が出来るので、効果的な掃除が出来ます。