主婦が在宅ワークを選択する事は、「子育て」や「家事」を仕事と同時に進められる環境として、とてもメリットのある事です。一つの働き方としても注目されています。副業としても人気の高い様々な在宅ワーク、どんなメリットやデメリットがあるのでしょう?

 

メリットいっぱい♡主婦の在宅ワークで叶えられる事

 

【在宅ワークのメリット】

 

主婦の在宅ワークには、システム開発やweb制作・デザイン・ライター・翻訳業・内職など実に幅広く存在します。ママが会社ではなく自宅で仕事をすると、実際どのようなメリットを感じる事が出来るのでしょうか。

 

 

 

|家事や私用がラクラク出来る

 

会社へ通勤している人だって、家事や私用はこなしています。しかし、朝の余裕がまったく違います。自分の支度を後回しに出来るだけで、家族に優しく笑顔で送り出してあげられる毎日がスタート出来ます。

 

家事や私用がラクラク出来る

 

役所への用事や買い物も、自分の隙間時間にパパッと行けるし、布団を干しても雨模様にすぐ取り込む事だって出来ます。仕事はしているけど、専業主婦のような余裕を持った働き方が出来るのです。

 

 

 

|ガソリン代が節約できる

 

通勤しませんので、ガソリン代が大幅に減ります。筆者の場合は前に勤務していた時より、月に約12,000円は浮いています。

 

これはかなりお得だと感じている事です。活躍される方になるとクライアントとの打ち合わせやお客様との商談に動くこともあるようですが、大抵パソコンがあればネット上で済む事も多いのです。

 

 

 

|日焼けしない

 

基本家の中で仕事をしますので、必要以上の日焼けをしません。必要以上の日焼け止めも使用しなくて済みます。通勤時の運転焼けとは無縁に近いものがあります。

 

 

 

|子供が安心出来る

 

育児中で収入源の為にパートに出ようと考えられている方にも、主婦の在宅ワークはおすすめです。未就学児を抱えるママであれば、子供にまだまだ手がかかって家では仕事にならない!という方もいますが、上手に時間を使っていけば育児や家事との両立も可能です。

 

子供が安心出来る

 

子供が急に具合が悪くなって保育園から呼び出されたり、病院へ行ったりする時も焦る事はないのです。子供も『ママが家にいてくれる』という安心感から、のびのびと元気になってきます。

 

子供の宿題もゆっくり見てあげられるって、ワーママだった頃では考えられませんでした。

 

 

【在宅ワークのデメリット・注意したい事】

 

在宅ワークをするようになると、極端に体を動かす機会が減ります。運動不足には注意が必要です。また、集中できる時間帯として深夜帯を選ぶ人もいます。

 

納期が間に合わず、徹夜をする方もいるようです。睡眠不足など健康にも注意が必要です。

 

職場が自宅なので、人に会う事も激減します。社会での交流が乏しく、情報を仕事からしか得られない状態を避ける為に在宅でもなるべく多くのコミュニケーションを取る努力が必要です。

 

 

在宅ワークのデメリット

 

 

いろいろな自由がある傍ら、在宅ワークもれっきとした【仕事】です。約束した納期を守り、報連相を怠らず、クライアントが求めるものを的確に提供出来るように努力をしなければなりません。

 

スタートから安定した給料・報酬を望んで、無理な作業をして納期が守れない事の無いようにしなければなりませんね。

 

収入は頑張り次第で増えていきますが、大切な『自己管理』と『時間管理』が必須です。

 

 

 

在宅ワークという働き方の魅力

 

在宅ワークという働き方の魅力

 

 

 

今たくさんのネット上のお仕事があります。主婦で未経験でも、パソコンである程度の入力が出来れば大丈夫なものや、ハンドメイドなど得意な分野で商品を販売する作家さんになる人もいます。

 

少しずつスキルを身に付けてコツコツとお小遣いを稼ぐ人も多いです。

 

会社で得られる収入に近づく為には『努力』が必要ですが、自分の夢を叶えたり、家庭をもっと大切にしたり、会社で勤務していたら出来なかった、叶えられない事も出来ることが多いんです。

 

魅力いっぱいの主婦の在宅ワークという1つの働き方を、一人の在宅ワーカーとして応援しています!