育休中のママが仕事復帰するのは子供が0〜1歳の時期が多いですよね。その時期は1ヶ月違いでも子供の成長に大きな差があるもの。保育園では連絡帳で親と繋がりを持ち、小さな子供達の成長に合わせて対応してくれます。それでは、重要な役割を果たすその連絡帳の中身をご紹介しましょう。

 

保育園の連絡帳に思わずほっこり♪成長記録に有効活用

保育園の連絡帳は子供を近くに感じる事が出来る♡

 

保育園の連絡帳は働くママと先生との大切なコミュニケーションツールです。

 

子供の食事や睡眠時間、体温や排泄のこと。また、家庭と園での様子を両者が書き込んで子供の変化に気付けるように情報を共有する重要なアイテム。

 

特に先生からのコメントは保育園での様子が細かく書かれているので親にとっては楽しみの1つです♪

 

 

連絡帳で保育園の様子がわかる

 

 

例えば、「今日は給食をお代わりしました!」「おしっこをちゃんと教えてくれました」「トイレで成功しましたよ♪」など、先生からの我が子情報はとっても嬉しいですよね。

 

連絡帳は働くママにとっては子供と離れている時間をグッと縮めてくれるありがたいものなんです。

 

 

気付けば子育てのお悩み相談室に

 

仕事と家事と子育てに忙しいママは子供の事で気になる事があっても時間に追われて後回しになる事もありますよね。

 

 

最近イヤイヤが激しくて子供に怒ってばかり、ご飯を食べながら遊ぶので食べ終わるのが遅い!など、気になりながらも解決しないまま毎日子供と寝落ちがパターンに。

 

 

筆者の子供も保育園に通っているのですが迎えに行くのは17時前後。21時就寝だと子供と一緒にいるのはせいぜい4時間。

 

 

帰宅してから寝るまであっという間で、しかもスムーズに事は運びません。子供が出来ることより出来ない事に目が行くとついつい怒ってしまいせっかくの子供との時間がイライラに。

 

 

連絡帳で悩みを相談

 

 

そんな時は旦那さんより保育園の連絡帳で先生に相談するママが多いんです。

 

「家では子供に怒ってばかりで」「ご飯が遊びの時間に泣」「家では癇癪を起こしてばかりの我が子泣」など、子育てで困っている事を書くと先生からポジティブになれるお返事が返ってくるんです♪

 

 

「〇〇くんは保育園で頑張ってる分、お母さんに甘えているのかもしれません」

 

「そんな時は保育園ではこんな風に声かけしてます!」

 

「〇〇くんはガラスのハートですもんね。園ではお友達と楽しく過ごしていますよ」

 

 

これらは筆者が先生からもらったお返事なんですが、子供の事を分かってくれている先生からのアドバイスは身に染みるものがあります。

 

「そんなもんです!大丈夫ですよ!」なんて言われると涙が出そうに。保育園の連絡帳は親の心の処方箋でもあるようです。

 

 

よく、書き方が分からない、毎日何を書くか悩む、という声を聞きますが保育園の連絡帳は子供の成長を綴った先生との交換日記のようなもの。

 

 

子供に関する事なら何でもOK。今日はご飯をいつもよりたくさん食べた、どんぐりコロコロの歌に反応!など、思いつくままに書きましょう♪

 

 

保育園の連絡帳は書き続けよう

 

 

保育園や幼稚園の連絡帳は、たとえ面倒でもきちんと書き続ける事をオススメします。子供の成長はあっという間で、いつ何が出来るようになったかなんて忘れてしまうんですよね。

 

でも、保育園の連絡帳には毎日の成長記録が残っている。これは子供が大人になった時にかけがえのない宝物になりますよ☆