部屋干しが増えて、生乾きの臭いに悩む季節がやってきます。タオルや衣類の「消臭対策」はもうお済ですか?生乾きの臭いを消すという事は、雑菌の繁殖を抑えて、洗濯物もお部屋の環境も清潔に保つ事。生乾き臭の効果的対策方法と干し方をご紹介しましょう。

生乾きの臭いを消す!効果的対策方法と干し方

 
 

生乾きの臭いを消すには【原因はなに?】

 

・洗濯が終わってすぐに部屋干ししたのに、臭い。
・洗濯後取り出すのが遅れたら、洗濯機内ですでに臭い
・外干しでも気温や湿度、風の有無によっては臭い

 
 
こんな経験ありませんか?実はこの臭いの原因は、洗濯物に付いた皮脂汚れやたんぱく質の酸化、細菌の繁殖、洗濯槽のカビなどがあります。

 
 
普段衣類に付着していても臭わない洗濯物が、梅雨時期になると湿度や温度、日照の強さなどによって菌が繁殖しやすい環境が整ってしまう事で臭くなります。

 
 
では、どうしたら生乾きの臭いを消す事が出来るでのしょうか。

 
 

洗濯槽の掃除をする

 
洗濯槽は毎日汚れを洗い続けているので、一緒にキレイになっているのでは?と思っていた筆者(笑)そうではないようです。洗濯槽の裏は、すすぎや脱水で排出された汚れが溜まり、カビや菌が増殖しやすい場所。まずは、ここからお掃除しましょう。

 

気になる洗濯機の臭いや汚れを撃退!洗濯機のお掃除方法

 
 

脱水をもっと強力にする

 

水分が少なければ少ない程、洗濯物は早く乾きます。早く乾けば菌が繁殖するまでの時間に乾くことも!その方法を知っておくことも、すごく重要ですよ!筆者おすすめはバスタオル方法。是非参考にしてほしい記事です。

 

夜洗濯&部屋干し☆洗濯物を早く乾かす3つのアイディア

 
 

洗濯物の干し方を変える

 

天気のいい日にする外での干し方と、天気の悪い日にする部屋干しの干し方が一緒では、しっかり乾くはずはありません。また、量も少ない方がいいでしょう。この時期はシンプルな服装で過ごすのが主婦の理想です。

 
 
シャツ類の乾きにくい場所は、脇の下。生地が重なって一番乾きの遅くなる部分です。いつものようにハンガーに掛けるのではなく、裾をピンチで留めて干します。

 
 洗濯物の干し方を変えて生乾き対策

 
 
また、枚数が少なく余裕をもって干す事が出来るのであれば、筒状にして干すのも効果的です。この方が、間違いなく早く乾くので臭いも発生しにくいですね。シャツもパンツも同様です。

 
 

風の流れを作る

 
菌が繁殖するのは湿度と温度がカギ。風の流れを作って、湿気を飛ばして行く方法です。お風呂場にはたいてい換気が付いています。洗濯物をお風呂場に干したら、換気扇は回したまま扇風機で風を送り込みます。

 
 
扇風機で生乾きの臭い対策

 
 
もちろんお風呂でなくても構わないのですが、湿気の多い時期に部屋だと乾いたものまでが湿りそうで…筆者宅ではお風呂です。お風呂に元々、乾燥機機能や冷風機能がついていれば、嬉しいですね!

 
 
布団乾燥機付きの乾燥機や除湿器も販売されています。また、エアコン下なども風が当たって更にはエアコンでの乾燥も防げるので有効でしょう。臭いを消す為には、蒸らさない事が大切です。空気の流れを確保しましょう。

 
 

洗濯時に酵素系漂白剤を入れる

 

除菌・殺菌効果を狙って漂白剤を入れてみるのも一つの方法です。色落ちしないタイプのものを選ぶようにしましょう。しっかり効果を出したい時は使用方法を読んで、つけ置き出来るなら実践したほうが臭わないでしょう。

 
 

重曹を一緒に入れて洗う

 

重曹は弱アルカリ性。衣類に付いた臭いの源は酸性です。重曹で中和されて臭いを落とす効果があります。洗剤と一緒に加えて実践してみて下さい。普段のお洗濯からでも使えます。

 
 

小物はアイロンやドライヤーも利用

 
 

ハンカチや靴下、下着類などは脱水後にゆっくりアイロンをして風に当てる事で、さらに早く乾きます。素材によっては縮んだり焦げやすいこともありますから、扱いには中止ながら進めて下さいね。

 
 

梅雨に悩まない洗濯で気持ち良い衣類を♡

 

一度付いてしまったあの臭い。次に洗濯する前には熱湯消毒がおすすめだという情報もありました。乾かす速さが重要ですから、少しでもいろいろな手段で臭いを消すお洗濯を心掛けたいものですね。