湿気の多い部屋を上手に除湿する方法と注意点

湿気の多い梅雨時期に突入します。部屋の湿度が上がると、カビや結露などが発生して健康的被害が出てしまう事もあります。生活の中で部屋にこもる湿気問題は様々ですが、除湿機以外にどのような効果的湿気対策方法と注意点があるのかをまとめました。

湿気の多い部屋を上手に除湿する方法と注意点

 

湿気の多い部屋に起こる悲劇

 
湿気の多い部屋だと、ジメジメした水分を含んだ空気が私達の身体や気持ちまで不快にします。カビやダニが大好きな環境を作り出すので、布団の乾燥対策や浴室のカビ対策、エアコンフィルターも掃除をして原因になるものを作り出さない「環境作り」が必要になってきます。

 
 

3つの上手な除湿方法

 
特に湿気の溜まりやすい場所は、普段水回りと呼ばれる場所。それ以外にもクローゼットやシンク下など空気の動きが少ない場所も、湿気は溜まりやすいです。

 
 
≪換気扇を回す≫

 
換気扇は湿気の多い時期は稼働させておくのがベストです。換気をして空気の流れを作る事も大切ですが、空気の流れない日に換気を長時間するのは好ましくありません。

 
 
換気扇を回して除湿

 
 
吸湿しやすいものが部屋にはたくさんあるため、逆に湿気を呼び込む事もあるので注意しましょう。天気のいい日に換気をする事が望ましいです。

 
 
≪普段開閉の少ない場所を開ける≫

 
湿気のこもるのを防ぐ為に、除湿機やエアコンの除湿機能を使用する時は、シンク下やクローゼットなどの扉を全開にしておくと良いでしょう。

 
また、扇風機や布団乾燥機など送風出来るものを利用して空気を流す事が大切です。除湿剤を利用して湿気を取る事も有効です。

 
 
≪家にあるものを利用する≫

 
除湿に効果があると言われている新聞紙や木炭・重曹などを使って、お金をかけずに除湿する事もアイディアです。

 
新聞紙は昔、畳の下に敷いて除湿をしたりしていたそう。畳んだ布団と布団の間や、マットレスの下に利用するのも良いでしょう。丸めておけば衣類の引出しや下駄箱にも効果を発揮します。ただ、使い続けると湿気がたまりカビの温床になる事もありますので、3日~1週間を目安に交換が望ましいです。

 
 
木炭で除湿

 
 
木炭は消臭効果も併せ持っていますので、シンク下や下駄箱にも使えます。季節外れの服を収納するクローゼットにもおすすめです。

 
重曹は場所を選ばずに、家全体の湿気を吸着するのに効果を発揮します。大きめの容器に入れて各部屋に置けばOKです。水分を吸着してボソボソの状態になったら、入れ替えます。ボソボソ状態の物も、生ごみの消臭などに効果がありますから、捨てても一石二鳥です。

 
 

除湿の際の注意点

 
除湿機やエアコンの除湿機能を使用する際、意外と部屋の温度が低くなる場合が多いです。また、除湿のし過ぎで乾燥してしまい風邪をひく…という事も。体調管理などに十分注意をして使用しましょう。