ダイエット食材はこの5つ!成功のカギは食べたカロリー<消費カロリー

ダイエットに最適な食材ってどんなものがあるでしょうか。ダイエット中に心がけたい食材選びはやはり低カロリーであること、高タンパク質で、バランスよく栄養が偏らないことが大切です。

ダイエット食材はこの5つ!成功のカギは食べたカロリー<消費カロリー

 

ダイエットの食材選びは低カロリーが重要なわけ

ダイエットに食材選びは大切なことの一つです。なぜなら、食事は体重に反映するからというのが大きな理由です。その分私は運動するという方もいらっしゃいまずが、運動で減らすことができるカロリーはそれほど大きくありません。

 

ダイエットの食材選びは低カロリーが重要なわけ

 

例えばご飯一杯は約235kcalでジョギングだと約30分と結構な運動量です。つまりご飯いっぱいを食べ過ぎると、せっかくダイエットのために行った運動も水の泡です。

 

食べたカロリー<消費カロリーとならなければ、体に蓄積された余分なエネルギーは落ちないということですよね。一日の消費カロリーの約7割を占める基礎代謝は中年以前の男性だと約1500kcal、女性だと約1200kcalでこれらはじっとしていても必要な内臓などの臓器を動かすエネルギー量です。

 

これに生活する上で体を動かすエネルギーを足して、ダイエットする際の摂取カロリーは男性なら2000kcal、女性なら1800kcalにすることで消費カロリーが食べたカロリーを上回ってダイエットにつながります。低カロリーな食材を満足いく量を摂取することが必要です。筆者も実は1年間で15kgのダイエットをしたことがありますが、もちろん低カロリーな食事を十分に心がけていました。

 

ダイエットの食材選びに高タンパクが加わると代謝が上がる!

 

ダイエットの食材選びには低カロリーだけではなく高タンパクであることも重要です。タンパク質とは筋肉を作るときに必要な栄養素の一つです。筋肉がつくと基礎代謝もアップします。つまり筋肉がつくと普段の生活で行われる動作に参加する筋肉が多くなるために消費カロリーがアップして、食べたカロリー<消費カロリーとなるわけです。

 

もちろんタンパク質を摂ったら運動や筋肉トレーニングで筋肉を鍛えることも忘れずに行いましょう。筆者が行なったダイエットは全身運動である水泳と豆腐を毎日食べることでした。夕食前に運動することで、血糖値も上がって空腹感も感じませんし、筋肉がついて階段の上り下りも楽になりました。

 

ダイエットに最適な食材、高タンパク低カロリーな食べ物

 

ダイエットに最適な食材、高タンパク低カロリーな食べ物

 

ではここで、ダイエットに最適な食材、高タンパク低カロリーな食品とは具体的にどんなものなのでしょうか?

 

1)豆腐

ダイエットの心強い味方はやはり豆腐です。味付けや調理法次第で色々な食べ方がアレンジでき飽きないのもいいですね。筆者がダイエットしたときにも随分豆腐にはお世話になりました。昼食はとうふとごまドレッシング、おにぎりなどが主で、味に飽きたらドレッシングを変えると雰囲気が変わって箸が進みました。お腹いっぱい食べてもカロリーが低いのが特徴ですが、腎臓に問題のある方は取りすぎに注意が必要です。100gあたり56kcal、1丁分ですと160kcal前後です。

 

2)鶏肉

鶏肉もダイエットには強い味方ですが、鶏肉の部位はささみや胸肉がオススメです。脂肪分が少なくそのぶんカロリーは低くてすみます。調理で火を通しすぎるとパサパサする印象がありますが、加熱方法などを考慮すれば美味しく食べられます。動物性タンパクも補充ができて胸肉なら100gあたり胸肉なら108kcal・ササミなら105kcalです。鶏肉の中でも最もカロリーが高い部分は皮で100gで510kcalですので、皮を取り除くともも肉でも100g116kcalとさほど高くなりません。食事のメインディッシュには最適な食材ですね。

 

3)卵

食卓の優等生、卵もダイエットには最適な高タンパクな食材です。特に白身にはタンパク質が多く含まれますが、黄身も一緒に食するとコレステロールを気にする方は敬遠してしまうがちのようです。1個あたり80kcalとヘルシーな食べ物です。お腹が空いたときにスナックとして食べるのもいいですね。

 

4)キャベツ

野菜類はカロリーも少なくビタミンが豊富で、たくさん食べても低カロリーで満腹感が得られます。中でもキャベツはクセもなく、生でも茹でても食べられますし、満腹になります。千切りにしてドレッシングをかけたサラダでもいいですし、電子レンジで加熱してポン酢などをかければドレッシングのカロリーもカット、加熱も電子レンジなら楽チンですね。筆者のダイエット中のメインディッシュは茹でたキャベツに蒸したささみにポン酢やごまドレッシングなどをかけて食べていましたが、ドレッシングを変えると味も変化があり飽きずに食べれました。100gあたり25kcalとやはり堂々の低カロリーですね。

 

5)ナッツ類

ナッツは高タンパク質な栄養価の高い食材です。ピーナッツは100gあたり526kcal、アーモンドは100gあたり600kcalと高いですが、少量取ることでタンパク質を補えます。もちろん食べ過ぎはオススメできない食材です。低カロリーからは少し離れてしまう食材ですが、ナッツは大量摂取することはありませんから小皿程度がいいのではないでしょうか。野菜を主にしたダイエットをしている方には、タンパク質を補うために必要な食材です。

 

ダイエットに最適な食材だけではダメ。バランスのとれた食事が大切

 

ダイエットに最適な食材ばかりを食べていては栄養が偏り、ストレスを感じやすくなったり、肌荒れを起こしたり、体調不良を起こしたりします。人間の身体にはビタミン・ミネラル・タンパク質・炭水化物や鉄分、食物繊維やカルシウム、脂肪、炭水化物なども大切な栄養素で偏った食事ですとどれかの栄養素が欠けてしまい、先ほど行ったような体調の変化をもたらします。

バランスのとれた食事もダイエットを継続して行うためには必要なことです。通常の食事にできるだけ先ほどお話したような食材を取り入れ、食べたカロリー<消費カロリーをなるように気をつけましょう。

 

いかがでしたか?ダイエットは適切な食材選びだけでなくバランスよく食べることが大切なようですね。細かいカロリー計算が苦手な方は食べたカロリー<消費カロリーとなるように心がけることが成功へのカギです!