子育て世代に人気の間取りとは?人生の大きな買い物の一つマイホーム。大きな買い物だけに納得のいくものを手に入れたいと思うのは、みな同じことですね。しかし購入する世代によってポイントも住宅環境も違うものです。今回は子育て世代に人気の間取りに着目してみました。

 

子育て世代に人気の間取りを調査しました

 

 

子育て世代に人気の間取りに求められるニーズ

子育て世代に人気の間取りには、小さな子供がいることを想定したさまざまなメリットが盛り込まれています。子供の成長に合わせて変化するニーズに対応した作りと家族の時間を考えた生活動線が盛り込まれています。例えば子供が小さい間は必要だけど、子供が大きくなるっても使い勝手の良いものが人気といった感じです。次に生活空間別に分けてお話ししていくことにしましょう。

 

子育て世代に人気の間取りー玄関編

子育て世代に人気の間取りー玄関編

 

子育て世代に人気の間取り、玄関についてです。最近の人気はシューインクロゼットと呼ばれる、土足のまま入れる玄関横の収納スペースです。子育て世代にはこのスペースに、靴だけではなくベビーカーの収納や砂場道具、またアウトドア用品やコートなどが収納できます。何と言っても土足のまま必要なものが取れるのがいいですね。また、玄関の上がり框が横に広いのも人気です。お子さんと座って靴が履けたりと便利なようです。将来的にはバリアフローにする時にも便利な構造となり、無駄がないのはいいです。戸建だけではなくマンションなどでも人気です。

 

子育て世代に人気の間取りーリビング編

子育て世代に人気の間取り、リビングについてお話ししましょう。リビングは家族が集まる重要な空間です。家の中で最も無駄な空間は廊下なんだとか。2階へのアクセスに廊下から直接ではなくリビングを通って階段を登るタイプの構造は、子供が大きくなっても必ず1日何度かは顔をあわせることができる、家族の絆にも配慮したもので素敵ですね。またリビングの続き間に和室を作る間取りも子育て世代には人気の間取りの一つです。着替えや親子のふれあい、お昼寝や添い寝など有効なリビングスペースと言えるでしょう。何より日本人は和室が落ち着くと思いませんか?

 

子育て世代に人気の間取りーキッチン編

子育て世代に人気の間取りーキッチン編

 

子育て世代に人気の間取り、キッチンに関するものもここでお話ししましょう。パントリーの併設、対面キッチン、ファミリーカウンターなどが人気のようです。キッチンに立つことの多いママが孤独に思わないように対面キッチンで家族の顔を見れるのもいいですね。またパントリーがあると乾物や電化製品などがすっきりと収納できて便利です。またキッチン横のダイニングにファミリーカウンターを置き子供のワークスペースとする方も多いようですね。自身の部屋だとおもちゃなどが周りにあり遊びに気になってしまいますが、リビングでなら親の目が届き見守ることができるという理由のようです。さまざまなコミュニケーションにも役立つ間取りが人気となっています。

 

子育て世代に人気の間取りー和室と洋室編

子育て世代に人気の間取りー和室と洋室編

 

 

子育て世代に人気の間取りの最後はベッドルームや子供部屋となる和室と洋室についてです。子供が小さいうちは家族一部屋で就寝するというスタイルが一般的です。ですからその時期には大きな洋室として利用でき、のちに仕切りを作って子供が大きくなった時には個別の部屋にリフォームできるという設計です。お子さんが巣立った後はまた客間として使えるという長い目で考えた間取りが人気です。先ほども話したように、リビングに併設もしくはリビングからアプローチできる和室が人気ですね。リビングで着替えたり、小さいうちは転んでも畳がクッションになり安心です。ちょっとした作業をするのにも便利でリビングにあれば子供の遊ぶ様子がキッチンから見える設計が子育て世代のニーズにあった間取りのようです。

 

いかがでしたか?子育て世代に人気の間取りには年月が経っても、応用の効くさまざまな快適な設計が組み込まれています。また、子育て世代が必要な家族のコミュニケーションのも重視されていて合理的ですね。マイホームをお考えの方の参考になれば幸いです。