洗濯機も掃除が必要ってご存知ですか?洗濯したばかりの衣類やタオルが匂う、洗濯機を開けると臭い、それは洗濯機に細菌やカビが発生しているのが原因です。放置しておくと衣類が匂うだけではなく、カビが付着した衣類を着ることでアレルギーを引き起こしてしまうかもしれません。そんな心配を取り払うためにも、洗濯機の掃除にチャレンジしてみましょう。

気になる洗濯機の臭いや汚れを撃退!洗濯機のお掃除方法

画像出典:Pinterest
 

洗濯機が臭い!洗濯機掃除方法のポイントとは

見えてなくても実は汚れているのが洗濯槽。せっかく洗濯しても洗濯機が汚れていたら台無しですよね。洗濯した衣類から匂いがしたり茶色の屑のようなものがついてきたら、掃除が必要なサインです。

<洗濯機の掃除手順>
・洗濯機に40~45度くらいのお湯と酵素系漂白剤を入れる
・「洗う」コースで洗濯機を回す
・「すすぎ」の前に停止する
・半日ほど放置する
・浮いてきた汚れをゴミ取りネットですくう
・すすぎ、脱水で洗濯槽の水を排出

ポイントはお湯を使うこと。お湯を使うことで、洗濯槽の内部や裏側の汚れが浮き上がりやすくなります。酵素系漂白剤の代わりに重曹を使う方法もありますが、汚れ落ちは酵素系漂白剤の方が強力なのでおススメです。
 

日常的にできる洗濯機の汚れや匂い対策

カビや雑菌は、洗剤や石鹸カス、湿気が大好きです。湿気の多い梅雨から夏は特に洗濯機の汚れや匂いが発生しやすい時期でもあるんです。

日常的に気をつけることは、雑菌を増やさないために洗濯物を入れっぱなしにしないこと、使い終わったら蓋をしばらく開けて乾燥させること、乾燥機能を定期的に使うことの3点です。

乾燥機能で洗濯槽はカビや細菌が死滅する高温になるので、定期的に使うと洗濯物を干す手間もかからず、洗濯機の湿気はなくなるし、一石二鳥なんです。
日頃からの対策に加え、2ヶ月に1回くらいは、酵素系漂白剤による洗濯機掃除をしてあげると、清潔状態がキープできていつでも気持ちよく洗濯ができます。
 

まとめ

酵素系漂白剤で洗濯槽の掃除をしてみると、茶色い汚れがフワフワ出てきて、こんなに汚れてたのか!とビックリするかもしれません。洗濯機がキレイになると衣類がいつも以上にキレイになる感じで、気持ちがいいですよ。