産後に一番気になるのは、お腹のたるみだという方も多いかもしれません。産後のお腹を引き締めるための運動や体操、矯正などはいつ頃から始めるのが良いのでしょうか。運動を始めるにも、赤ちゃんのお世話や産後の体調などを考えるとなかなか進まないものですよね。今回は、場所を選ばず、時間もかからない、産後の気になるお腹引き締め簡単テクニックをご紹介します。

時間と体力なくてもOK♪産後のお腹引き締め簡単テク♡

 

産後1ヶ月まではお腹の引き締め運動は無理しない!

出産は大きな労力を消耗します。妊娠中に赤ちゃんを守り育ててきた子宮は、おへその高さほどまでに大きく変化したところから、6−8週ほどの時間をかけて鶏の卵ほどの大きさに戻ります。この期間を産褥期といい、産後の1ヶ月間は悪露などもありますし、新生児のお世話など、とくに体を休めるべきだと言われる理由のようです。

妊娠中、赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹も大きくなりますが、合わせて大きくなった皮膚や筋肉は出産後急には元には戻りません。骨盤も赤ちゃんが産道を抜けるため、骨盤の関節や靭帯などがゆるくなり開いた状態になるようです。体重は元に戻ったけれど、お腹周りのたるみが妊娠前に戻るのかとても不安と言われる産後ママさんはたくさんいらっしゃるようです。

元に戻すには様々な運動や矯正などがあるようですが、体の負担をかけないようにしたいですよね。そんな時はまず、寝転んだ姿勢などでゆっくり腹式・胸式呼吸などの産褥体操から始められるのがおすすめです。これなら寝転んだ姿勢で体への負担も少なく、お腹周りや骨盤の筋肉を引き締めてくれます。

また授乳中なども背中を丸めた姿勢になりがちなので背筋を伸ばす、おへその周りをへこませるようにするなどを心がけるとお腹の引き締め効果にもなるようですよ。骨盤を引き締める骨盤ベルトなどは産後1ヶ月ぐらいを目安に始めましょう。

産後1ヶ月を過ぎたら、育児の合間に自宅で可能なお腹引き締め運動!

産後1ヶ月が過ぎて体調が安定してきたら、徐々にお腹の引き締め運動も始めましょう。しかし、ベビーがいるとジムに通ったりするのは難しいですし、ベビーを連れての外出はスケジュールも組みにくく、荷物も多くて大変です。

産後6ヶ月ごろまで体は元に戻ろうとするようなので、産後1−6ヶ月の間にお腹の引き締め運動を集中的取り組んでみましょう。お腹周りのお腹のたるみは、骨盤を元の位置に戻してあげること、そして骨盤やお腹周りの筋肉を鍛えること、この2つが重要です。これらに最適な運動なのが骨盤体操です。

骨盤体操の方法
1.仰向けに寝た状態で腕を肩ぐらいの高さまで大きく広げる
2.立てた両膝の内側をぴったりとくっつけたまま、体をねじるように右側にゆっくり倒す
3.左側にも同様に倒す。左右5回ずつを1分ぐらいかけて行いましょう
4.仰向けで膝を立てたまま、お尻を床から浮かせる

この時、おへそを覗き込むように行うのも効果的です。これを6回ほど繰り返します。簡単で時間も短く、添い寝をしながらでもできます。

 
いかがでしたか?産後、時間もないし外出も大変だからと諦めていたママさんでも、これなら自宅で簡単にお腹の引き締め運動ができますね。また少し体を動かすことで、気分転換にもなります。ぜひ試してみてください。