いま、英語で子育てをオススメする理由の一つが、小学校での英語教育が変わりつつあること。2016年から始まっている小学3年生からの英語の必修化、2020年からは小学5年生英語が教科になるとか。これからの国際化社会で英語が話せることが必要だと感じるパパママたちもたくさんいるはず。それなら子供と一緒に英語を楽しんじゃいましょう!親が一緒に楽しむことで子供たちも楽しく、口にしやすくなりますよ。

英語で子育てしちゃう?今日から使えるフレーズ10選!

 

「英語で子育て」なら英語が身近になり、子供の将来にも絶対プラスに

英会話にあまりなじみのない日本人にとっては、「英語で子育て」すると言うことはハードルが高く感じるかもしれません。海外に出ると外国人から、「日本人ってシャイだね。」「日本人って英語が話せないよね?」と言われる、なんてこともよく聞きます。

普段使わない言葉だとこれであってる?発音大丈夫かなぁ…などと、心配になってしまうので話せなくなっちゃいますよね。パパママも、外国人に道を聞かれたりしたら、モジモジしちゃってなんて経験ありませんか?

でも小さな頃から親と一緒に楽しむ英語を身につければ、英語の会話も授業も必然と楽しめるようになります。先ほども話したように小学校でもようやく英語が必修化したようですが、お隣の韓国や中国では以前から小学校でもの英語教育が導入されているようで、日本は大きく遅れをとっているようです。これからの国際化の波についていけなくなってしまうと子供達の将来も心配です。

でも、楽しく「英語で子育て」することで毎日英語を使うと、身近に感じますね。そうすることで、英語での会話に抵抗を感じなくなり、楽しく英語を学ぶことができます。お子さんが大人になってから絶対得する「英語で子育て」、簡単なものから始めてみましょう。

 

パパママも楽しめる!今日から始める「英語で子育て」

英語で子育てするにあたって、いきなり英語を使うのは、ちょっと勇気がいるわ、という方にオススメなのが、まずはお家の中での英会話。パパママも家の中なら、恥ずかしがらずに気軽に話せるはず。最初は親子で慣れるために、英語と日本語両方を使うのはいかがですか?まずは簡単なものから英語で子育てを始めるといいですよ。

朝起きたら…「Good morning、〇〇! おはよう、〇〇!」などと英語と日本語を一緒に話しかけます。パパママもこれなら恥ずかしくないし、気軽にできますね。お子さんも戸惑いなく返答できます。

楽しそうに笑顔で話しかけられるとなおさらいいですね!

 

簡単英会話フレーズ10選!

今日から使える“英語で子育て”簡単英会話フレーズを10個ご紹介しましょう。

①朝起きたら、“ Good morning、〇〇! おはよう、〇〇!” 。

②学校に行く前に、“Have fun today! 楽しんでらっしゃいね!” 。

③慣れてきたら“Have a good day! 良い1日を!”。

④学校や外出先から帰ってきたら、“Welcome home! お帰りなさい!”。

⑤学校から帰ったら“How’s doing today?今日の学校はどうだった?”

⑥“Do you have homework today? 今日は宿題あるの?” 

⑦遊びに行く先を聞くときは、“Where are you going? どこ行くの?”

⑧出かける時には、“Take care! 気をつけてね!”

⑨食事の前には、“Wash your hand! 手を洗ってきなさい!”

⑩夜寝る前には、“Have a good night(dream),〇〇! おやすみなさい、〇〇!”

最初は、朝の挨拶や出かける時、帰宅時、寝る前などに使ってみるとスムーズに導入できますね。慣れてきたら、③のgoodを色々な言葉に置き換えるといいですよ。例えば、beautiful 、wonderful(素晴らしい),excited(とっても楽しい)、great(とっても良い)など、その日の気分に合わせて変えてみるのもオススメです。そうすることで、単語力も増えて言い換えにも対応できますね。アメリカの幼稚園ではこんな風に毎朝先生が子供たちに教えています。

 
英語で子育てなんてハードルが高いと感じてらっしゃる方も、英語、日本語両方にすれば気軽に始められそうですね。短い文章から、楽しく話すことを心がけてみると始めやすいですよ。また、Hello、HiやThank youなども気軽に使える挨拶の一つです。“英語で子育て”、あなたも今日から始めてみませんか?