洗濯物が多いと洗濯を時短家事したいってなりますよね。システム家事とは、効率よく家事ができるようになるパターンを作ることをいいます。洗濯は洗うところからクローゼットやタンスに片づけるまでの流れが決まっているので、掃除や料理などの家事に比べるとシステム化しやすいんです♡
洗濯が時短家事できるアイディアをいくつかご紹介します♪

【洗濯編】時短家事に使える効率UP「システム家事」のアイディア

画像出典:http://www.kohnan-eshop.com/

 

洗濯の時短家事♪洗濯機に入れる前のちょい工夫♡

洗濯機する時、洗濯物は何を基準に分けて洗ってますか?
色物とそうではないもの、もしくはデリケートな素材の衣類とそうではないものなど、一緒にまとめて洗濯できないもの分けるのに時間がかかる場合は、『仕分けカゴ』があると便利♡カゴで仕分けする仕組みにしておくと、洗濯機に入れる前に行う洗濯物を分類するという時間を減らせます。家族にも「色が濃い服はこのカゴね」などと伝えておいて、仕分けに協力してもらいましょう♪

 

干し方のコツ!無駄な動きをなくして一気に干す

洗濯物を干すときは、最初にざっくり分類してから干すと時短できます。
バスタオルを干して、次に靴下、Tシャツ、と洗濯カゴの上にあるものから順番に干すのは時間がかかってしまいがち。

ハンガーにかけて干すものを一気にハンガーにかけてしまってから、角ハンガーに挟んで干すものに取り掛かるなど、パターン化してしまえば無駄な動きがなくなって時短につながります。

 

時短効果バツグン♡『たたまない』収納方法がラク♪

洗濯物の流れの中で、たたむというのが面倒な方も多いのではないでしょうか。洗濯物の量が多いとたたむのって本当に大変ですよね。

洗濯物は『たたまない』収納がおすすめ♪ハンガーにかけて干したものはそのままクローゼットにイン!
タオルや下着は、カゴの中にポイポイポイ。シワになりにくいし楽だし一石二鳥♪

ニットやセーターみたいにハンガーにかけると型崩れしちゃうものだけをたたむようにすれば、たたむ時間を大幅に時短できます♡

 
洗濯機で洗っている時間の短縮は難しくても、それ以外の工程では洗濯の時短家事ができそうですよね♪洗濯をシステム化するには、無駄な動きや作業を少なくするパターンを作るというのがポイント。今回ご紹介したアイディアをぜひ実践してみてくださいね♡