家事といえば女性のものという昔からのイメージがまだ根強いですよね。男性は「手伝う」程度の意識のレベル。家事分担で夫婦喧嘩が絶えない!という声があちこちで聞こえてきそう。では役割分担はどう決めたら一番いいのか。一緒に考えていきましょう。

【共働き】家事分担で夫婦喧嘩はもうイヤ!役割分担はどう決める?

 

家事分担で夫婦喧嘩をしない2つの秘訣

・完璧な家事分担表は作らない

男性の家事に対する意識の低さにもイライラしますが、完璧な家事分担計画も仕事で毎日の帰宅時間が違えば思うように進まずケンカの原因になってしまいます。『料理や洗濯など得意分野をする』『週替わりで交代』程度の内容にとどめて、出来る時にやる!というスタンスが良いですよ。

 

・男性の得意分野を育てていこう

我が家や周りの友人の話なのですが「どうして○○してくれないの?」と男性に聞くと、大抵「言ってくれないと分からない」と答えが返ってくるんです。

自主的に動いてくれる事が理想ですが、男性には感謝の気持ちを添えてお願いする事が1番早い方法のようです。

この時、男性脳は同時進行が苦手なのでゴミ捨てや子供のお風呂など1つずつ終わらせる事を任せて、細々した家事は女性がやる方がスムーズにいきます☆これは筆者が試行錯誤して行き着いた方法です。

 

時間をお金で買うという方法

家事の事が夫婦喧嘩に発展するのは心身ともに余裕がなくなるから。イライラが爆発する前に積極的に家事代行やハウスクリーニングサービスを利用するのも手!今、これらのサービスの利用には共働き世帯の利用が増えているんです♪

また、食洗機やお掃除ロボットなどの時短家電の購入もオススメ☆食器洗いや掃除にそれぞれ20分使っているのであればその分疲れている体を休める時間を確保できてイライラ解消♪ぜひご夫婦で話し合ってみてください。

 
いかがですか?お互いの得意分野を育てる!これが家事分担が夫婦喧嘩にならない大きなコツです。そして女性が主導権を握って男性を手のひらで転がす事が一番!疲れてるかな、なんて気を使わずお願いしてみましょう♡「言ってくれないと分からない」とはもう言わせません!笑 毎日2人で話す事が大事ですね。