パート先の意地悪なお局様はどこの職場に行っても存在するこのご時世、皆様どのように対応して乗り切っていますか?誰もが意地悪なお局様のパワハラやモラハラに遭遇しかねません。お局様の意地悪が何タイプなのかを見極める力と、その対処法を伝授します!

 

■パート先の意地悪なお局様はどうして生まれるのか

まず、パート先のお局様達には層があるんですね。社会人として、約15年以上のキャリアを持ってくるとお局様達は急激に成長してくるんです。なぜなのか…。

 
パート先の意地悪なお局様はどうして生まれるのか

 
いわゆる“自信と経験”のある先輩達。また、苦労してここまでやってきた!という事を誰かに評価され、褒めて欲しい。そんなお年頃が意地悪なお局様になっていく傾向があります。

 

■パート先の意地悪なお局様を見極めよう!

 
お局様は自分では気が付かないうちに、お局様になる素質を育てています。

 
・裏表が激しい
・陰口が趣味
・過剰な仕事への自信
・若い女性は敵視。頼らないなら教えないという意識
・知らない事があったら恥ずかしいという概念
・上司やイケメンには愛想がいい

 
お局様が女性の多い職場にいる時は、必ずその取巻きがいます。うかつに自分から人の悪口を言ったり、相談をしたりするとお局様には筒抜けです。敵に回すと無視、モラハラ、パワハラなどのいじめを受けたりすることがあるので、職場環境としては大問題になることも。

 
しかし、お局様の態度はきっと生まれ持ったものでは無いはず。お局様が出来上がるまでのバックグランドを知れば、お局様への対処法が見えてきます!

 

■パートを攻撃するお局様の意地悪心理と『攻撃のかわし方』

パートを攻撃するお局様の意地悪心理と『攻撃のかわし方』

 

復讐型

「自分も新人の頃○○さんにやられた!」と自分が耐えられたから、他の人も大丈夫でしょ!位の考え方で、悪意がない事がかえってタチが悪いタイプです。姑みたいに何をしても攻撃してきます。

 
このタイプは、質問攻めにすると効果があります。

 
「○○さん、これはどうしてこうなんですか?なぜですか?誰の指示ですか?前任者は誰ですか?」あくまで穏やかに。直属の上司にも相談をして対応することがいいですね。自分に非がない事に関しては、強く出る時も必要です。

 

権力型

勤務年数が長ければ仕事も知識も多くなって当たり前。しかし、それを鼻にかけてしまうお局様がいます。自分の指示にロボットのように正確に動く新人は、可愛がられますね。

 
しかし、出る杭を速攻打ちます。出てはいけないので、会社が成長しようとする時に社員の変革意識があっても受け入れられず、時代に合った効率的な仕事が出来なくなる事も。

 意地悪だけの視点から言えば、言う事を聞いていれば問題ない簡単にかわせるタイプです。

 

不安型

人を攻撃して自分を守るタイプ。人のせいにする事が多いので、指導者としては向かないお局様です。もし仕事を頼まれるときは、慣れるまでは必ず最終チェックまでをお願いし、こちらから巻き込んで一緒に仕事をして、「ありがとうございます!」でいいお局様にしていく事も可能なタイプです。

 

ストレス発散型

ただただ、大きな音を立てて威嚇したり無視したりと精神的にくる攻撃をしてくるのがこのタイプ。発散する矛先は新人の女子社員に向けられることが多いです。

 
“自分に気を使ってほしい”と思っているタイプですから、「○○さん、何か手伝うことありますか?」「私も手伝いますか?」など仕事を横取りしない程度の手助けが必要です。

 
しかし、あまり深く関わる事も嫌う面倒くさいタイプが多いので要注意ですね。

 

■意地悪なお局様に立ち向かえなくなったら

意地悪なお局様に立ち向かえなくなったら

 
パート先の意地悪なお局様に立ち向かうのは至難の業。どんな事があっても会社に残ってきたものが最強のお局様になっていくのです。経験上、おすすめするのは日記をつける事。出来るだけ詳細にです。

 
何かあった時には絶対に何らかの役に立ちます。あまりにもひどい時は個人で加入できる労働組合もあります。労働環境という面からも相談する価値があるのです。メンタルヘルスは大切。ストレスチェックをして自分を守りながら、お局様と上手に付き合っていけたらいいですね!

 
福島 あかり