引っ越しをするのに大量の本を所有していて、梱包や運搬方法などどうすればいいの?と困っている人もいるでしょう。本は大量になると重量が増えて、引越し業者泣かせのものなのだそうです。でも捨てたくない!という方に最適な梱包方法や運び方などを一気にご紹介しましょう。

引っ越しをするのに大量の本を所有

引っ越しで大量の本は、引越し業者泣かせ⁈

 
引っ越しで大量の本を運ぶ必要がある時、一旦棚から取り出すのも面倒だし本棚ごとお願いしたい!という方もいらっしゃるでしょう。衣装ダンスなどとは異なり、本の場合は中身が重く本棚ごと持ち上げることは困難なため、本はダンボールなどに荷造りをする必要があります。

 
しかし、ダンボールも大きなものを選ぶと重くなりすぎて持ち上がらない、箱の底が抜けてしまうという事態が起こるそうですよ。大量の本と一緒に引越しするのは、まさしくプロである引越し業者泣かせなようです。

 
買取サービスや処分などを一旦考えたとしても、愛着のある書籍も一緒に持っていきたいと思うのが本好きの皆さんの素直な意見ですよね。

 

引っ越しで大量の本は2Lの飲料段ボールが最適!

 
引っ越しで大量の本がある場合、2L×6本などの飲料水の箱が丈夫で、専門家である引越し業者さんにとっても重さの限界のようです。

 
またB5サイズの本がきっちりと収まるので、サイズを揃えて入れることで本の角が傷むというトラブルも避けられます。もともと水などの重みがあるものが入っていた箱なので、2層構造になっていて重みに耐えることができるのもオススメする理由の一つです。

 
また取っ手になる穴が付いているのも運びやすい理由かもしれませんね。箱詰め方法も、箱の淵にきっちりと本を並べ、もし真ん中のスペースが空洞になった場合には、衣類などを入れて重さの調節、クッション材にしましょう。また、ダンボールのテープも重い本を入れる時には注意が必要です。底が抜けたりと行ったトラブルを避けるために、ダンボールの底は“エ”の字か“王”の字に張って補強しましょう。

 
紐などで縛っては?と思われる方もいらっしゃるでしょう。荷解きも楽だと思いがちですが、積み重ねたりするので角が傷んだり、破れたりという可能性もありますので、面倒ですがダンボールでの梱包が安心でしょう。

 

引っ越しで大量の本に有用な引越しサービスは?

大量の本は引っ越し業者泣かせ
 
引っ越しで大量の本があると、通常の引越しの見積もりの準備も大変!特に引越し会社のプランに合わなかったり、インターネットでの見積もりは部屋の数やアパートかマンションなのかどうか、賃貸物件なのかなどを元に見積もりますが、書籍の量が多いと単身の引越し便などのサービスプランはなかなか利用できませんね。

 
近場への引越しの際はトラックを借りて、荷出しと運び入れだけをお願いするという方法もありますね。遠方への引越しの際には、きっちりと見積もりしてもらいのがいいでしょう。

 
また、クロネコヤマトのヤマト便や日通のメール便と言ったサービスで別に送るという方法もいいかもしれませんね。ライフスタイルと、引越し先までの距離などを元にして見積もりを取ることが重要ですね。

 
愛読家の引っ越し

愛読家の皆さんにとっては切っても切り離せない大量の本を、引っ越しが必要な時にいかにして梱包したり、運んだりするかは大きな問題です。最適な梱包、最適な運搬方法で、共に新居に連れて行ってあげましょう。