節約できない人にはどんな特徴があるのか、「私、節約できないんだよね~」って方は特に気になるのでは?いくつか当てはまっちゃう人でも注意ポイントがわかれば節約への第一歩になるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

v

節約できない人の特徴!いくつ当てはまる?

 
節約できない人にはいくつかの特徴があるんです。代表的とも思えるものを集めてみました。

 
節約できない人チェックリスト

 

支出が把握できていない

家計簿をつけていなくて、レシートもすぐ捨てちゃう。お金を何に使っているかよくわからないというタイプ。細かく把握しなくてもいいけど、1ヶ月の食費や電気代といわれた時、おおよその額もわからないという人は要注意。

 

部屋の片付けが苦手

冷蔵庫の中に何が入っているかわからない、ストックしてあることを忘れて買ってきてしまう日用品が多くありませんか?モノが多くてもきっちり把握していて無駄買いをしていないのであれがOKですが、把握できてないことが原因で無駄買いしちゃうなら注意です。

 

新商品・期間限定に弱い

スーパーやコンビニで、『期間限定』『新発売』の文字を見ると買わずにはいらなれない。「期間限定なら今買わないと!」と思ってしまって、つい買い物かごにポイ。つい買ってしまうことは誰にでもあるけれど、誘惑に負けっぱなし、回数が多いなら注意です。

 

コンビニによく行く

家の近くにコンビニがあるとつい行ってしまうこともありますよね。でも、コンビニはやっぱり値段が高い。500mlのペットボトル1つでも、コンビニだと150円近くするものがスーパーでは100円くらいで売ってます。もう少し歩けばスーパーがあるけど面倒だから近くのコンビニで買っちゃえ♪とか、仕事帰りにコンビニに行くのが習慣化している人は要注意。

 

外食・テイクアウトが多い

外食はやっぱりお金がかかります。お手頃価格のファミレスに行ったとしても家で食べるよりはやっぱり高額。
たまの外食は楽しいけれど、「なんかご飯作る気しな~い、今日は外食しちゃおう!」のパターンに陥りがちな人は注意です。特に、家族でどこか出かけた日って夕食作りが面倒になりがちですよね!

 

先延ばしのクセがある

雑誌やテレビでいろいろな節約術の知識を得て「ウチもやってみよう」とは思うものの、「いつかそのうち」と先延ばして結局何もやってないことはありませんか?電力自由化で乗り換えたら安くなるか調べなきゃと思いながら調べない、スマホを家族割りにしなきゃと思いながらも手続きしないとか、『やろうと思っているけどやらない』が思い当たる人は注意。

 

小さいお金を気にしない

土日にATMでお金をおろして手数料がかかっても「ま、いっか」。100円ショップで必要かどうかわからないものでも「100円だし、ま、いっか」と、小さいお金を気にしないタイプ。月額2~300円の有料サイトに登録しているけど全然使ってないとか。1回あたりに出ていくお金は少額でもトータルすると大きな額になっているので注意です。

 

節約ができない人に共通する3つの性格

 
チェックリストから節約できない人の特徴を見ていると、節約できない性格も見えてきます。

 
「めんどくさがり」「みえっぱり」「楽観的」、、、このあたりが節約できにくい性格かなと思います。

 
「家計簿つけるのなんてめんどくさーい」のめんどくさがりに「支出なんて把握しなくてもなんとかなるよねー」の楽観性が加わると、なかなか節約は難しいかもしれません。

 
ママ友とランチに行くからいい服を着なきゃとか、他の子がやってるから自分の子にも習い事をさせなきゃと、自分の家庭に必要かどうかじゃなくて他人の目を気にしてしまいがちなみえっぱりも度が過ぎると身の丈以上のお金を使ってしまうことにつながります。

 
節約ができない人に共通する3つの性格

節約って大事だとわかってはいてもなかなか難しいことだったりしますよね。私の知人に、節約術に長けていて将来を見据えて着々と貯金をしている方がいるのですが、自分とは違う世界に住む人なんだと思ってしまうこともあります(笑)。

 
節約できない人が完璧に節約しようとして、もう今日からコンビニには絶対行かないとか決意しても続かないし、外食しちゃうことだってきっとある。

 
でも、当てはまることの何か1つか2つでも注意するようにすると、意外と大きな節約につながります。家族での外食も1回我慢するだけで数千円~1万は節約できますよね♡できることから始めましょう♪