ひらがなはいつから読み書きができるのか、3歳ぐらいになると焦り出すママさんも多いようです。日本語は平仮名だけではなく、カタカナや漢字もあり複雑ですよね。ではいつから、どのように教えるのが良いのでしょうか。

ひらがなはいつから読める?書ける?教え方のコツはある?

 

ひらがなはいつから読めるの?

 
ひらがなはいつから読めるの?

 
ひらがなをいつから始めるのが良いのかと疑問に思うパパやママはたくさんいらっしゃるようですね。幼稚園に行き出すと周りの友達がひらがなの勉強をしているなんて聞くと焦る方もいます。

 
3−6歳の90%がひらがなを読めるそうで3−4歳で一気にその数が増えるようです。その内訳は、2歳:6%、3歳:21%、4歳:64%、5歳:85%、6歳:90%と言われています。(こどもちゃれんじ発達調査より)

 

ひらがなはいつから始めるのがベスト?そのコツは?

 
では、ひらがなを始める時期はいつが良いのでしょうか?意見の一つとしては、子供が感じに興味を持ち始めた時に教えるのが良いというものが多く聞かれます。

 
実際、私の場合もそうでした。興味を持った時に教えると意欲も高いので、教える側の親にもストレスがかからないのでいいですよ。

 
3歳ごろになったら、ひらがなのポスターなどを目に見えるところに貼っておくなどして、興味を持たせることから始めるのがうまく行くコツです。

 
最近小学校ではひらがなのお勉強はさらっと済んでしまうことも多いようなので、小学校に行く前が良いという意見が多く聞かれます。持ち物に書いてある自分の名前が認識できないと小学校生活も困るので必要だという意見もあります。

 
確かに、そうですね。また本を読んだりなどひらがなを読めると絵本などが読めたり、お手紙を読んだりなどできることも増えますね。

 
ひらがなを教えるということだけでなく、絵本を読んだり、お手紙を書いたりといった遊びの中にも、いかにして興味を持たせるかということがポイントのようです。

 

ひらがなをいつから書かせる?コツは?

 
ひらがなをいつから書かせる?コツは?

 
ひらがなをいつから書く練習をさせればいいのかという疑問もありますね。

 
4−6歳の76%がひらがなを全部書けるそうです。4歳ごろになるとおお手紙交換などをきっかけに興味を持つようですね。

 
ひらがなを読むのと違って書く練習は少し高度になりますので、2−3歳だと2%、4歳で21%と一気に増え、5歳で57%、6歳で76%の子供が全部のひらがなを書けるそうです。

 
ひらがなを教えるコツ

 
始めはいきなりドリルなどをやらせると嫌になってしまうので、まずは直線や曲線を楽しく書く教材を用意して鉛筆を持つことに慣れたり、楽しく始められるのがコツですね。次にひらがなや数字へと、徐々に促して行きましょう。

 
幼稚園などでママ友から話を聞いたり、お子さんがお友達からお手紙をもらってきたりすると、うちの子も!と焦ってしまいがちですね。

 
しかし、興味がない子供にさせるのは本当に大変ですし、長く続きません。まずは興味を持たせる環境をお子さんの身の回りに作ってみることが大切です。