お風呂のピンク汚れ、、そうです、ちょっと油断すると出てくるアレです。ヌメっとしていて嫌ですよね。あのピンク汚れの正体は『ロドトルラ』!耳慣れない方も多いのはないでしょうか。今回はロドトルラ掃除法と予防法についてご紹介します♪

お風呂のピンク汚れの正体は「ロドトルラ」

お風呂のピンク汚れ・・・特徴と発生原因

 
お風呂の排水溝や床、置いてあるシャンプーボトルの裏など、色々な場所に発生するピンク汚れ『ロドトルラ』。

 
カビかなと思われている方も多いかもしれませんが、ロドトルラは酵母菌の一種です。繁殖能力が高いのが特徴で、菌が付着してから3~4日程度でピンクのヌメヌメになります。

 
石鹸カスを栄養にして繁殖し、石鹸カス+水分があれば、どんどん増えてしまうやっかいものです。

 
放っておくと黒カビの原因にもなりますし、免疫力の弱い小さな子供は触ったり口に入ると良くないのので、見つけたら早めに掃除しましょう。

 

ピンク汚れを掃除する時のコツは『消毒用エタノール』

 
ピンク汚れを掃除する時のコツは『消毒用エタノール』

 
ピンク汚れって割と簡単に落ちるけれど、すぐに発生すると思いませんか?

 
一見、汚れが落ちているように見えても、実は菌が残ってしまっていて同じ場所に繰り返し発生してしまうのです。

 
普通の洗剤に対しての耐久性が高いので、落とす時は『消毒用エタノール』が効果的。

 

<掃除方法>

 
・消毒用エタノールをペーパータオルにしみ込ませる。

・しみ込ませたペーパータオルをピンク汚れの部分に10分くらい湿布する。

・10分後、ペーパータオルをはがしてブラシでこする。

 
エタノール以外では、除菌消臭効果がある浴室用洗剤でもOKです。使い方はエタノールと同様にピンク汚れの箇所にスプレーして、5分ほど放置してから水で洗い流します。

 
どちらを使用するにしても、『除菌』で、菌をしっかり落とすことがポイントです♪

 

ピンク汚れの発生予防!『温度』と『湿度』がポイント♪
ピンク汚れを発生しにくいようにするには温度と湿度がポイントになります。
具体的には、以下の3つを行うと効果的♡

 

<ロドトルラ予防法>

 
・お風呂掃除の最後に、浴室全体に水のシャワーをかけて温度を下げる。

・ピンク汚れが発生しやすい場所だけでいいので、水分を拭き取ってしまう。

・浴室の換気をしっかり行う。

 
いちいち拭くのは大変という場合は、少し長めにしっかり換気することを心がけるだけでも違ってきますよ。

 
ピンク汚れ予防

 
お風呂のピンク汚れって、ちゃんと掃除しているつもりでもいつの間にかあったりして、本当にやっかいですよね。

 
放置して黒カビがはえてしまうと掃除するのが大変になってしまうので、日々の予防も行いつつ見つけたら掃除!で、あまり手間をかけずにやっつけちゃいましょう♪