部屋が片付けられない人にも、いろんな理由があります。充実しているような部屋に紛れて『実は不要なものが多い』また、『どれも必要で大切なものばかりで収納しきれない』など、片付けの悩みは様々です。でも大丈夫♪部屋が片付けられない人でも、思いのほか簡単に理想の部屋に近づけるコツがあるんです。今回はシンプル改善術をご紹介します。

まずはココから♡部屋が片づけられない人向けシンプル改善策

出典:https://jp.pinterest.com/

理想のお部屋にするために♡自分の『片づけられない原因』を知ろう

部屋が片付けられない原因を一番知っているのは、実はあなた自身。以下に挙げる原因の中に当てはまる方も多いのではないでしょうか?

・物が多すぎる
・コスパのいいものを大量買いしてしまう
・散らかってから片付ける(行動を後回しにしてしまう)
・捨てる=もったいない という観念が強くある
・収納を増やそうと努力してしまう

わかっているけど…どうしたらいいのかわからない!そんな時、難しく考えずに『全て逆に』考えるようにしていきましょう♪そうすれば、ほら…自ずと部屋を片付けるために必要な事が見えてきます。

すっきり♡キレイなお部屋でスマートなシンプライフの出来上がり♪

断捨離がブームになって、少しずつ継続されている方もたくさんいます。衣替えの時期を見計らったり、収納が少なくて泣く泣く断捨離…なんて言う方もいます。

でも、お部屋を片付ける事がストレスになってはいけません。自分が思っていることを少しでも行動に移していく意識が、お部屋をすっきりさせ、いつの間にか片付いていた♪という結果につながります。
 

整理苦手っ子でも大丈夫!まずは実践すべき3つの整頓改善策

では、どんな風に片付けをしていけばいいか、整理のコツをご紹介していきましょう。

① 家の間取りごとに着手する
部屋が片付けられない人は、まずはトイレ・キッチン・脱衣所・リビングなど、間取りごとに着目しながら進めます。そして、片付けをする行動を大分類・中分類・小分類の3つに分けて考えましょう。

例)洗濯物

現在 … 片付けられず、至る所に脱ぎっぱなしの服が散乱

チャレンジ1
大分類 … 洗濯物は脱衣所へ
チャレンジ2
中分類 … 裏返しになった衣類を直して、洗濯カゴへ
チャレンジ3
小分類 … 色物別に分けておく・デリケートなものはネットへ入れておく

このように、1つの行動や物の存在に対して分類しながら、自分の整理整頓術に磨きをかけていきます。大分類が出来るようになるだけでも、お部屋は見違えるようにスッキリしていくんです♪

今、自分が「片付けられない人」であることを悲観的にとる必要はありません。1つでも出来るようになる。これが大切♡

② 家での「自分の行動線」を知る

例えば、仕事から帰宅してからの自宅での行動を振り返ってみます。その行動に部屋の片付けをプラスしていくイメージをしてみて下さい♪

帰宅~靴を脱ぐ(ここが現時点のあなた)~靴をそろえる(ここで立派な片付けです)

簡単♡急がない、焦らない、1つ1つを丁寧に行動することで、自然に片付けはできてしまうんです♪

③ 1つでも片付けられたら自分を褒めてあげよう♡

実は片付けを面倒臭がる人程、部屋がスッキリとして収納上手であることをご存じですか?二度手間や物を探したりする時間を嫌い、スマートな生活が出来るように工夫を凝らしていく傾向があります。

部屋が片付けられない人かもしれないあなたも、目覚めればスーパー収納術を持つ方なのかもしれませんよ♪自信をもって焦らず「片付け計画」してみて下さいね♡

 

いかがでしたか?子育てや仕事をしながら、家の事をこなすって本当に大変ですよね。でも、やっぱり憧れの素敵なお部屋に少しでも近づきたい♪家族やお子様のサポートもあったらさらに嬉しいですね♪ごちゃごちゃしてる場所を一旦リセットすると、それを維持しようと自然に努力し、余計なものを溜め込まなくなるのだそう。小さな場所から少しずつチャレンジしてみて下さいね。