畳にカビがはえるとビックリしますよね。カビがはえちゃう原因と、カビを見つけてしまっても慌てなくていいように、正しいカビ取りの方法をご紹介します♪カビは吸ってしまうとアレルギーの原因にもなるし、ひどくならないうちに掃除するのがおススメですよ。

畳のカビ取りにおすすめのアイテム

 

畳にカビがはえちゃう原因って?

 
そもそも、なぜ畳にカビがはえてしまうのでしょう。

 
畳のカビ

 
カビが発生する原因は、温度と湿度の高さです。畳の材料であるい草は、湿気を調節する機能を持っているのですが、湿度が高い状態が続いてしまうと、湿気を吸収してしまうんです。

 
湿気の調節機能は畳が古くなってくると衰えていくので、畳が新しいほどカビが発生しやすくなります。

 
梅雨や夏のジメジメした時期は、畳が湿気を吸ってカビが発生しやすいので気をつけましょう。

 

畳にカビがはえちゃった!正しい掃除方法はコレ!

 
畳にカビを発見してしまった時におススメなアイテムは『消毒用エタノール』です。

 
念のため、手袋とマスクをしてから、カビ取りをしましょう。

<用意するもの>

 
・消毒用エタノール

・スプレーボトル

・乾いた雑巾

・手袋とマスク

 

<カビ取りの掃除手順>

 
・スプレーボトルの消毒用エタノールを入れてカビの場所に吹き付ける

・吹き付けた場所を、畳の目にそって歯ブラシで優しくこする

・カビがパラパラと浮いてくるので、掃除機で優しく吸い込む

・エタノールを吹き付けた乾いた雑巾で仕上げ拭きをする

 
歯ブラシと掃除機は、『優しく』がポイントです。

 
歯ブラシで強くこするとカビが畳の中に入ってしまうし、掃除機を強くかけるとカビ胞子をまき散らしてしまう原因になります。

 
消毒用エタノールを畳に吹き付けてしまっていいの?と思われるかもしれませんが、エタノールはすぐ水分が蒸発するので、吹き付けても大丈夫ですよ。

 
カビを吸い込んだ掃除機は、掃除の後にゴミパックを変えてくださいね。

 

畳のカビには湿気が大敵。

 
和室でくつろぐ

 
日常的なお手入れとしては、晴れた日には窓を開けて換気をしたり、ジメジメ季節には除湿器をかけておくことでも、予防になりますよ!

 
たまに、消毒用エタノールで拭いてあげると、よりバッチリです。

 
畳って匂いに癒されるし、ゴロゴロすると気持ちいいですよね♪

 
ゴロゴロしたい場所だからこそ、カビには気をつけて清潔キープを目指しましょう。