夜洗濯&部屋干しで洗濯した時に「早く乾けばいいな」と思うことはありませんか?洗濯って、洗濯機で洗って干してと時間がかかってしまうので、朝の忙しい時間にはできないことも多いですよね。かといって、夜に洗濯して部屋干しした結果、なかなか乾かなくて生乾きの臭いがしちゃうのも嫌なもの。部屋干しの洗濯物を早く乾かすにはポイントがあるんです♪3つの簡単アイディアをご紹介します♡

夜洗濯&部屋干し☆洗濯物を早く乾かす3つのアイディア

夜洗濯と部屋干しに役立つ♪家電を使いこなそう

 
洗濯物を早く乾かすには、『風や空気の流れ』や『湿度を下げること』が大事です。

 
これらに役立つ家電といえば、除湿器や扇風機♪

 
ただ使えばいいということではなく、使い方にはコツがあります。

 
洗濯物の水分は上から下へとおちていくので、下の方が乾きにくいのです。

 
よって、除湿器や扇風機は、洗濯物の斜め下あたりに置いて下から風を当てるようにすると効果的です♡
除湿器や扇風機は、なるべく狭い部屋や洗面所などで利用すると除湿機能の効果が高まってさらにGood!です。

 

覚えておくと役立つ♡早く乾く干し方テクニック

 
ハンガーを2つ使って立体的に干す、、とか難しいことはいいません。簡単に覚えられて早く乾くちょっとした干し方テクをご紹介♪

 
①角ハンガーでアーチ干し

アーチ干しとは、角ハンガーの外側に長い洗濯物、内側に向かって短い洗濯物を干すという方法です。乾きにくい長い洗濯物を外側にすることで乾きやすくなるし、アーチの部分に空間ができるので空気の通りが良くなって内側も短い洗濯物も乾きやすいんです♡

 
②洗濯物の間隔

洗濯物どうしが近すぎると風や空気があたらずに乾きにくいので、洗濯物の間隔をあけて空気や風を通りやすくします。

 
③ポケットやフードがある服

ポケットがついているズボンやスカートは裏返し。フードの服は裾部分をハンガーにかけて逆さまにバンザイしてるように干すと、乾きにくいポケットやフードも乾きやすくなります♪

 

もっと早く乾かしたい!脱水する時のちょい工夫♡

 
とにかく、ちょっとでも早く乾かしたい!という時には、脱水にも工夫してみましょう。

 
なるべく洗濯物から水分を抜くというのが早く乾かすポイントなので、『脱水をもう1回行う”W脱水”』や『乾いたバスタオルを入れて脱水』もおススメです。

 
ただし、W脱水はデリケートな衣類は生地を傷めてしまうこともあるので注意してくださいね。

 
部屋干し

 
夜洗濯じゃなくても、花粉や梅雨の時期には部屋干しする機会も多くなります。

 
乾かない洗濯物を長時間部屋干しするのは、雑菌が繁殖して生乾き臭の原因にもなるし、何より洗濯物が片付かなくてイライラしますよね。

 
今回ご紹介したアイディアを試して、洗濯物はさっさと乾かしてしまいましょう♪