みなさん『こんまり流片付け祭り』をご存知ですか?断捨離界ではあまりにも有名な片付けコンサルタント近藤麻理恵さんが推奨する、心がときめくモノだけを手元に残し、魔法のように断捨離に効果をもたらす片付け方法の事。影響力抜群の祭りを覗いてみましょう。

【こんまり流】片付け祭りって何?断捨離のやり方や順番は?

■こんまり流片付け祭りの定義

 
こんまり流片付け祭りは、物に対する根本的な考え方を変える事から始まっています。

 
要らないものを捨てるのではなく、心がときめきを感じたものだけを残す。

 
使用していないけど捨てられないモノ達に「自分に似合わない事を教えてくれた。」「もらった時の幸せな気持ちを教えてくれた。」と、十分に役目を果たしているモノに感謝して手放すのです。

 

■こんまり流片付け祭りのやり方

 
こんまり流片付け祭りは、基本的にときめくものを残して後は捨てる。

 
実践することで今後の人生にも影響すると言われるこんまり流片付け祭りには、まず『なぜその暮らしをしたいのか』という理想のイメージを持つことが大切なポイント。

 
このイメージがないまま、部屋の整理整頓や収納掃除を中途半端に進めると、必ずリバウンドに繋がるそうです。

 
こんまり流片付け祭りのやり方は、以下の通り。

 
・モノの役割が終わった事を認め、モノに感謝する

・捨てるものを選ぶのではなく、ときめくものを拾う

・毎日少しずつじゃない、年に1回のお祭りとして意気込む

・一気に、短期的に、完璧に「捨てる」

・ときめいたモノは手入れする

 
しっかりチェックして、こんまり流片付け祭りを成功させたいですね!

 

■こんまり流片付け祭りの順番

 
こんまり流片付け祭りの順番

 
普段私達が片付けや断捨離を試みようとする時、家族の各部屋ごと、キッチン、お風呂など場所別に進めることが多いですが、こんまり流片付け祭りは違います。

 
こんまり流片付け祭りでは、洋服・本・書類といったようなカテゴリ別で断捨離を進めます。

 
こんまりさんがお勧めする順番は、「衣類→本→書類→小物→思い出の物」になっています。

 
衣類は主婦にとっては確かに断捨離してスッキリさせたいカテゴリの一つですよね。初めて実践する方は、この順番で作業を進めていくと良いでしょう。

 

■こんまり流片付け祭りの実践には、『発想の転換』と『潔さ』が必要

 
私達は、タンスの開閉までも困難にしてしまう着る事のない洋服達に、まだ役割があると思い込んでいたのかもしれません。

 
でも…まだ…いつか…そんな迷いを解決する日はやってこない!という潔さが必要です。

 
ご紹介したこんまり流片付け祭りや断捨離方法について興味をお持ちの方は、近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』を手にしてみてはいかがでしょうか?

 
驚くほどの潔さで劇的に変化するビフォーアフターが、あなたにも出来るようになるかもしれません。