子持ちの専業主婦がいきなりフルタイムで働くと生活スタイルが一変することは間違いなし。家事のこと、子どものこと、両立させるためには事前のシミュレーションも大切です。フルタイム主婦はどんな生活スタイルなのか比較して考えてみましょう♪

子持ちの専業主婦がフルタイムで働くと生活はどう変わる?

 

子持ちの専業主婦とフルタイム主婦の生活比較

 
専業主婦とフルタイム主婦は、時間の余裕が全く異なります。

 
子どもも小学生になると、8時前には学校に行ってしまいますよね。夫もその頃には出勤でいなくなります。

 
そして、子どもが学校から帰宅するのが低学年だと15時くらい、高学年だとほぼ6時間授業で16時。

 
そうです。朝8時から15時くらいまで7時間もある!

 
7時間もあれば、趣味を楽しんだり、ママ友とランチしたり、昼寝をしたりしてみても、買い物や洗濯、掃除などの家事は十分にできてしまいます。

 
これがフルタイムだとどうなるか?

 
8時から15時どころか、仕事の準備や通勤を考えると8時から17時(18時)までの時間が、完全に奪われるということになります。

 
<あるフルタイム主婦のタイムスケジュール>
5:00 起床
6:00 朝食作り、夕食の下準備、洗濯、簡単な掃除
7:00 朝食
7:30~8:00 子どもと夫が家を出る
8:00~ 出勤の準備、家を出る
9:00~17:00 仕事
~18:30 帰宅、夕食準備
18:30 夕食
19:30~ 夕食片づけ、洗濯物を畳む、お風呂
20:00~21:30 宿題や持ち物の確認、子どもとフリータイム
21:30 子ども就寝
21:30~23:00 自分のフリータイム
23:00 就寝

 
朝と夕方(夜)は、家事をこなしまくり、子どもの相手をしたり宿題をみたり。

 
そして、子どもが寝たらやっとフリータイム。

 
しかし、この時間帯に夫が帰宅すれば夫に食事を出したりと完全なフリータイムとはいえないそう。

 

両立のコツ♪フルタイム主婦の家事や育児方法

 
時間に余裕がないフルタイム主婦は、時間管理の達人。

 
大変でも自分に合う方法を見出している方がほとんど♪

 
両立のコツ♪フルタイム主婦の家事や育児方法

 
<家事>

・平日はスーパーになるべく行かなくていいように週末にまとめ買い。

・ドラム式の洗濯機で帰宅してから洗濯して一気に乾燥まで。平日は干さない。

・疲れた時は総菜や手抜き料理でいいと割り切る。(冷凍食品やレトルトも常備しておく)

・掃除は週末に。

・食洗器を買って、後片付けの負担を軽減。

 
<育児>

・夕食の時の会話を大事にしている。

・寝る前の1時間は、子どもとのふれあいタイムにしている。

・平日はいろいろ忙しいので、週末にたっぷり遊ぶ。

・一緒にお風呂に入って話すようにしている。

・「おかえり」が言えない分、「いってらっしゃい」はちゃんと言う。

 
時間をかけて家事をすることは難しいため、効率のいい方法を考え出したり、便利な家電やグッズも使いこなす♪家族の協力してもらうことも大切♡

 
また、仕事を終わった後は疲れ切っているので家事は早起きして済ませてしまうという方も。

 
子どもとの時間をけずらないために、『家事』をいかに効率よくやるかがポイントですね。

 

きっと大変・・・それでもフルタイムで働きたい理由

 
専業主婦からフルタイムで働くのは、最初は誰でも不安や心配はありますよね。

 
でも、フルタイムで働くことで得られることもたくさん♡

 
フルタイムで働きたい理由

 
・子どもにかけるお金が増やせる

子どもは年齢があがるにつれ、お金がかかるようになりますよね。習い事が増えたり塾に行きだしたり。

 
塾に行くと毎月の費用だけではなく、夏期や冬季には講習があって数万円が一気に飛ぶことも。

 
友達との付き合いでお金がかかることも増えてきて、中学生以降の子どもを持つママの、「中学生になるとあり得ないくらいお金がかかる」という声、多いです。

 
・夫に気兼ねなくお金を使える♪

専業主婦だと、自分が欲しいものを買いたい時にちょっと夫に気兼ねしちゃったりしませんか?

 
つい自分のことは後回しで、自分の服を買いに行ったはずなのに子どもの服を買って帰ってきたり…。

 
でも、フルタイムで働けば家計に余裕もできるし、自分の欲しいものを買ってもいいかもと思えますよね♡

 
私の知人ママは、フルタイムで働きだして憧れだった食洗器とルンバを給料で買ったそう。

 
「専業主婦時代は、家事を楽にする家電って買いにくかったけど、フルタイムだし自分の給料だし買っちゃった~♪」と嬉しそうに話してました。

 
子どもが大きくなってくると、だんだん親の手がかからなくなり、いずれは自立しちゃいます。

 
子育てが終わっても、自分自身の人生はちゃんと持っていたい!そんな思いからフルタイムでの仕事を目指す得専業主婦もいます。

 
大変かもしれないけど、きっと大丈夫!』そんな気持ちでフルタイム主婦にチャレンジしたいですね♪