【学年別】小学生のお小遣いはいくらがベスト?平均額をリサーチ

小学生のお小遣いは、いくらが適正だと思いますか?小学生のうちはお手伝いをしたら幾らとか、お友達の家庭状況に合わせて決めるなどの決め方で良いのか悩みますよね。今回は、小学生のお小遣い事情について調べていきたいと思います。

【学年別】小学生のお小遣いはいくらがベスト?平均額をリサーチ

■小学生にお小遣いはいくら必要?

 
小さいうちから金銭感覚を育てようとする事=物欲へのコントロールと決定力を育てる事でもあります。

 
ママにお願いすれば(駄々をこねれば?)何でも買ってもらえる。という感覚を失くすためにも、お小遣いを渡す行為は良い事だと思います。

 
ただ問題はその『金額』ですよね?

 
家庭の状況や地域性などもよってもお小遣いの幅は大きく異なります。

 
また、お小遣いで買う範囲も“文房具”も自分で買うのかどうかなどによって変わってきます。

 
要するにBESTな金額は、各自の家庭で決めていく以外に方法はないのです。

 
では、みんなの家庭ではどんな理由があって金額を決めているのか、ご紹介していきましょう。

 

■低学年

 
1~2年生の低学年の内は、時々100円~月に300~400円という意見が多いようです。

 
理由としては、「まだ自己管理をするという目的よりも、お金は仕事をしてもらうもの。という基本的な感覚を養うため。」また、「お金を使って遊ぶ以外の事を学ばせる時期。」という意見もありました。

 
また、「欲しいものを買えばお金は無くなる。という感覚を学ばせる丁度いい金額である。」という意見も。う~ん、筆者はどれも納得しちゃいました。

 
中には年齢×400円というご家庭もありました!え~!と思いましたが、あれば意外に使わずに貯まるそう。

 
繰越す金額が1000円以上なら子供と一緒に貯金しに行くという流れになっていました。通帳に貯まっていく金額で、貯める楽しみも覚えさせる方法です。でも…多すぎるかな?

 

■中学年

中学年

 
3~4年生の中学年では、時々200円~月に500~600円というのが相場。

 
「少し貯めれば、漫画やお菓子が買える丁度いい金額。」「お小遣いは、お菓子やジュースなど比較的安価なものに充てる事が予想されるし、文房具は親との買い物で一緒に・ゲーム類はお年玉や盆小遣いからなので、これ以上の金額は必要ではない。」との声も。

 
■高学年

 
5~6年生では、時々200~300円・月に700~1000円以上という幅のある金額が出てきます。

 
平均額はあってないようなものですね。

 
「塾通いなどが始まって、何か緊急時に必要になる事もあるかもしれないので1,000円にした。」「自分の好みがはっきりしてきて、買い与えるだけでなく上手に選ぶ力も付けて欲しいので。」などの意見も。

 
■決めていない

毎日毎日お金を使うことはないので、欲しい時に申告して相談して渡す。というご家庭も多いようです。

 
管理は親が“幾ら以内”と決めて渡すそう。必要かどうか、残金は幾らか、なども親が管理します。

 
「なぜそれが必要なのかを伝えてもらうことで、コミュニケーションが取れるし、自分で伝える力やプレゼン力も身につくと思っているから。」という意見も!

 
どれも、メリットデメリットはあるのでしょうが、最終的にどの方法がいいかをお子様と一緒に話し合って決め、ダメなら違う方法。といろいろチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

■最後はきちんと目をかける管理を

 
最後はきちんと目をかける管理を

 
全体的にみると、100円~1,000円前後の幅でお小遣いを設定しているご家庭が多いのが分かりました。

 
お小遣いの設定金額は低くても、テストの点数分をプラスする方法を取り入れていたり、お手伝いの項目ごとに金額を設定しているというお宅もありましたよ!

 
今までは決めていなかったのですが、子供からお小遣いを…という話があったので、筆者も少し子供と話し合ってみようと思っています。

 
みなさんもご家庭の状況に合わせたお小遣いの金額を、話し合ってみてはいかがでしょうか。