引越しの挨拶はいつが一番いいのか、悩む方もいらっしゃるではないでしょうか。まずは行くべきか、行かなくてもいいのか、行くのならいつがベストなのかなどのタイミングなど、悩みは尽きないものです。

ご近所さんへの引っ越しの挨拶はいつ行くのがベスト?

引越しの挨拶は行く?行かなくても良い?

 
引越しの挨拶はいつ行くべきかをお話しする前に、まず行くべきか?行かなくてもいいのか?気になる方もいるのではないでしょうか。

 
現代社会では、なかなかご近所付き合いも無くなっていることは事実ですが、行っておく方が無難なようです。

 
特に小さなお子さん連れの方などなら、お子さんがいるということをお話しておき、ご迷惑をかけるかもと話しておくのも良いでしょう。

 
そうすることで良好な関係も保てますし、お子さんが発するちょっとした騒音に寛容になってもらえることもあるからです。

 
他にもご近所さんに挨拶に行くと、どのような方が自分の近所には住んでいるのかなどがよくわかりますし、顔をあわせることができるとなんとなく、安心しますよね。面倒ですが、小さなギフトを持参して行くのがいいでしょう。

 

引越しの挨拶はいつ行く?旧居の場合

 
引越しの挨拶はいつ行く?旧居の場合

 
引越しの挨拶にいつ行くのかというのは、出る家と新しく入居する家の場合の両方について考えることが必要です。

 
まずは出る家、旧居の場合からお話ししましょう。挨拶に行くタイミングとしては、引越しの日の1週間か数日前、少なくとも前日までには挨拶に行きましょう。

 
引越し当日は引越しの業者が出入りしたりと、かなりバタバタします。休日などですとゆっくりと休まれているご家庭もあるので、先に引越しの業者の出入りがあることを断っておくと好印象です。

 
仲の良かったご近所さんやお世話になった方などには、引越しの業者の見積もりなどが決まり次第、少し早めに報告するといいですよね。

 
その際にはご挨拶の品物を一緒に持参すると、感謝の気持ちも現せてもし近くに引越しの場合などには、その後も良好な関係が保てます。

 

引越しの挨拶はいつ行く?新居の場合

 
次に、新居の引越しの挨拶はいつ行くのがいいのか、というのもみなさん悩まれるところではないでしょうか。

 
新しく始まる新しい場所での生活はより良きものにしたいのはみなさん同じでしょう。引越しが完了する時間にもよりますが、当日の間に引越しの挨拶回りも済ませておけるのがベストです。

 
しかし、遅くなったりした場合には1週間以内に伺うのがいいですが、できるだけ早く済ませるようにしましょう。

 

引越しの挨拶、これさえ知っていれば大丈夫♪

 
引越しの挨拶でいつ行くかの次に気をつけたいこと

 
引越しの挨拶でいつ行くかの時期の次に気をつけたいのは、時間帯、近所のどの範囲まで挨拶に伺うのかと挨拶品です。

 
時間帯については、朝早くや夜は避けましょう。とはいえ最近は、共働きの方も増えていて日中にはいらっしゃらない家庭も多いので、土日などの休日に行かれることも多いのではないでしょうか。

 
休日の朝は特にゆったりと過ごされている方もいますので、昼食時間をすぎて4時ごろまでに伺うのがいいでしょう。

 
ご挨拶の範囲については、戸建ての場合は向かい3軒と両隣、マンションの場合は両隣と上下、大家さん管理人さんにご挨拶に行きましょう。

 
挨拶品については大家さんと管理人さんには1000−2000円ぐらい、お隣や向かい、上下のお宅には500−1000円ぐらいのものが適当でしょう。

 
タオルや石鹸、クッキーなどのギフトが一般的ですが、食品を買う場合には賞味期限に注意しましょう。

 
留守がちなお宅でなかなか伺えないと賞味期限が切れてしまいます。

 
ギフトには熨斗をつけしっかりと苗字がわかるように書いておきましょう。

 
旧居・新居ともに挨拶の時期については、皆さん色々迷われるところのようです。時期や挨拶に行くご近所さんなどを逃さないようにしたいものですね。